福島再生へのみち

毎週火曜日13:40~13:44

ふるさと福島の再生にむけ活動する皆さんの紹介、話題、また除染の状況や私達のこれからの暮らしとの関係などについてお送りします。

Podcast番組一覧へ

【 放送日 】 2017年02月21日(火)

県外に避難した生徒への支援について②

前回に引き続き、震災の年に福島県から県外に避難した生徒を支援する教員として新潟県に派遣された武田修司さんにお話を伺いました。

この放送を聴く

【 放送日 】 2017年02月14日(火)

県外に避難した生徒への支援について①

震災の年に福島県から、県外に避難した生徒を支援する教員として新潟県に派遣された武田修司さんにお話を伺いました。
※次週2月21日の放送時間は、2月定例県議会中継の為、午後3時5分からの放送となります。

この放送を聴く

【 放送日 】 2017年02月07日(火)

中間貯蔵輸送事業の情報について

中間貯蔵施設への輸送事業(今年度の状況と平成29年度の輸送の予定)について、福島環境再生事務所 調査設計課 中間貯蔵企画調整室の五味さんにお話を伺いました。
※次週2月14日の放送時間は、2月定例県議会中継の為、午後3時5分からの放送となります。

この放送を聴く

【 放送日 】 2017年01月31日(火)

保管場における輸送車両のスクリーニングについて

中間貯蔵施設への輸送事業の安全対策の一つ、「保管場における輸送車両のスクリーニング」について、実際に輸送されている共同企業体(清水・熊谷・鴻池JV)の放射線管理責任者・澤田矩光さんにお話を伺いました。

この放送を聴く

【 放送日 】 2017年01月24日(火)

仮置場の管理について

白河市4地域にある仮置場の一つの白河地域仮置場の管理について、白河市 放射線対策課 真船 薫さんにお話を伺いしました。

この放送を聴く

【 放送日 】 2017年01月17日(火)

県内産果物に関する放射性物質低減の取組みについて

昨年11月20日に行われました除染情報プラザの「ふくしま“みち”さがし」の一環で、福島県農業総合センター果樹研究所 所長の安部 充さんから、県内産果物に関する放射性物質低減の取組みについてお話を伺いました。

この放送を聴く

【 放送日 】 2017年01月10日(火)

中間貯蔵施設への輸送に携わる運転者に対する事前教育・研修について

中間貯蔵施設への輸送に携わる運転者に対する事前教育・研修について、研修で講師を担当されている、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(通称JESCO)の中間貯蔵管理センター・輸送管理課・藤本哲郎さんにお話を伺いました。

この放送を聴く

【 放送日 】 2017年01月03日(火)

県外避難から戻った方の放射線に対する不安などについて

県外避難から戻った方の放射線に対する不安などについて、避難先から戻ったお母さん達が様々な悩みを安心して話せる場所「ままカフェ」を運営しています「ふくしま子ども支援センター」の松村美保子さんにお話を伺いました。

この放送を聴く

【 放送日 】 2016年12月27日(火)

地域再生の取組みについて

今回は、除染を経て今年6月に村全域が避難指示解除された、
川内村の今の状況、取組みについて、川内村でそばの栽培を行っている渡辺さんと
川内村役場産業振興課の遠藤さんのお二人からお話を伺いました。

この放送を聴く

【 放送日 】 2016年12月20日(火)

浪江町の企画展示について

福島県内各地の除染の進捗情報を発信している福島市の除染情報プラザで現在、浪江町の復旧復興を願い、震災前後の写真や復興計画などをパネルで展示しています。
11月2日の開会セレモニーに出席した浪江町の馬場有町長にお話を伺いました。

この放送を聴く