AM:福島 1458kHz・郡山 1098kHz・会津若松 1395kHz・いわき 1431kHz・原町 801kHz / FM:中通り90.8MHz・東金山77.8MHz・西金山79.3MHz・金山79.3MHz・会津90.8MHz・浜通り90.2MHz

ラジふく君

ラジオ福島

> ニュース > 2019.05.11(土) 事故死の9割 50代以上 ベテラン加齢で判断遅れも パラグライダー

ニュース

2019.05.11(土)事故死の9割 50代以上 ベテラン加齢で判断遅れも パラグライダー

鳥のように空を飛ぶ爽快感が魅力のパラグライダーやハンググライダー。中高年に人気のスカイスポーツだが、死亡事故も多発している。昨年までの5年間に全国で少なくとも37人が亡くなり、9割(33人)を50代以上が占めた。年齢が上がるにつれて死亡率が高まるというデータもあり、愛好家団体は中高年向けの啓発を強化する方針だ。

「まさかあの人が落ちるとは思わなかった。心の支えを失った感じだ」。福岡県篠栗(ささぐり)町で6日、パラグライダーを楽しんでいて墜落死した福岡市の自営業、金子勝義さん(71)の飛行仲間の60代男性はショックを隠せない。金子さんはパラグライダー歴約30年のベテランで、県内の仲間たちの間でリーダー的存在だった。

金子さんは6日昼、地元の同好会メンバーら5人と篠栗町の米ノ山(594メートル)を訪れた。福岡都市圏の市街地を眺めながら飛び降りる米ノ山は、パラグライダーなどの人気スポットだ。当日は気象条件にも恵まれた。

県警粕屋署や同行メンバーによると、金子さんは飛行ルートや気流を確認するため、山頂付近から最初に飛び立ち、通常の着陸地点から約400メートル離れた約2キロ先の農地に墜落した。離陸後に飛行が困難になるような風が突然吹いた可能性があるという。

この10連休中、全国では他に大津市や熊本県天草市などでもパラグライダー事故があり、いずれも50~60代の計3人が足の骨を折るなどの重傷を負った。

日本ハング・パラグライディング連盟会員の年齢構成
国内最大の約8000人の会員を抱える「日本ハング・パラグライディング連盟」(東京都)がまとめた事故報告書によると、2014~18年に147人がパラグライダーやモーターが付いたモーターパラグライダー、ハンググライダーを楽しんでいて墜落や樹木衝突などの事故に遭い、うち37人(パラグライダー20人、モーターパラグライダー13人、ハンググライダー4人)が死亡した。

年代別の死者数は、10~20代がゼロ▽30代2人▽40代1人▽50代10人▽60代17人▽70代6人▽年齢不詳1人――で、50代以上が圧倒的に多い。

連盟会員の平均年齢は55歳。愛好家の年齢層自体が高いため中高年の死者数が多いのは当然だが、問題は事故が起きた時に亡くなる率だ。年齢と共に高まる傾向があり、30代13%▽40代6%▽50代32%▽60代34%▽70代38%――だった。

連盟関係者によると、ベテランほど高く遠くまで飛べる機体を使うようになるが、その分、操作の難易度が増し、壊れやすくなるリスクも高まる。連盟は会報誌による事故情報の共有や定期講習で中高年の安全意識の向上に力を入れていくことにしている。

高齢者の認知機能に詳しい藤田佳男・千葉県立保健医療大准教授(作業療法学)は事故データの詳細な分析が必要とした上で「年齢を重ねるごとに判断時間が遅くなる傾向があり、突然風向きが変わった際などの行動が迅速にとれないことも考えられる。加齢の影響を十分啓発するのが望ましい」と指摘する。【浅野孝仁、一宮俊介】

■毎日新聞
http://ur0.work/PKpw別ウィンドウで開く

ニュース一覧登録件数 19563件

 

© ラジオ福島.All Rights Reserved.