放送番組審議会

委員長 片山邦子 (福島学院大学短期大学部教授)
委員 長谷川朝子 (声楽家・ハープ演奏者)
本名善兵衛 (㈱柏屋代表取締役社長)
橋本正典 (福島県農業協同組合中央会参事兼会長室長)
木暮照正 (福島大学地域創造支援センター准教授副センター長)
篠木雄司 (㈱アポロガス代表取締役社長)
菅野日出喜 (菅野建設㈱代表取締役社長)
佐藤稔 (㈱東邦銀行専務取締役)
石河美奈 (NPO法人クラップス代表)
※ 番組審議会委員は2016年4月1日現在

■2017年3月度 放送番組審議会報告 (3月10日開催)

●出席者 委員/6名 社側/半野社長含め4名

社側からは「第30回rfc桜まつり」や、スタートするワイドFMスペシャル番組について報告。 2月11日に放送した「まちづくり元気塾」を番組試聴。委員からは「まちを想い、まちを大切にする住民の皆さんのやる気が伝わった。」 「ナレーションが落ち着いていて聴きやすかった。」や「情報が多く、番組を制作する側の伝え方の工夫が必要。」等の意見が出されました。

■2017年2月度 放送番組審議会報告 (2月17日開催)

●出席者 委員/5名 社側/半野社長含め4名

社側からは1月で終了した「第40回通りゃんせ基金キャンペーン」や「FM補完放送の試験電波」などについて報告。 昨年12月26日から30日に放送した「駅伝王国の指導者達」を番組試聴。委員からは 「福島県の長距離陸上界の現状がよく理解できた。」「監督や選手による座談会形式の番組も聴いてみたい。」 や「BGMの使い方に工夫が欲しい。」等の意見が出されました。

■2016年10月度 放送番組審議会報告 (10月14日開催)

●出席者 委員/5名 社側/半野社長含め4名

社側からは11月1日からスタートする「第40回通りゃんせ基金キャンペーン」などについて報告。また9月30日放送、ハッピーチエちゃんが出演した「かっとびワイド」を番組試聴。 委員からは「心が穏やかになるトークで、訛りもとても懐かしく聴いていて心地良かった。」「88歳とは思えないほど元気で、楽しくなってくる。次に繋がるパーソナリティーの発掘が大切。」等の意見が出されました。

■2016年9月度 放送番組審議会報告 (9月9日開催)

●出席者 委員/5名 社側/半野社長含め4名

社側からは、「第39回通りゃんせ基金キャンペーン」寄贈品の贈呈先などについて説明。また、8月4日と6日に放送した「ふくしまキッズリポート」を番組試聴。 委員からは「小学生のインタビューはテンポ感があって良かった。」や「子ども達の声は聴いていて楽しい。こんな番組をもっと制作して欲しい。」 「どんなメッセージをリスナーに伝えたいのかもっと明確になれば良い。」等の意見が出されました。

■2016年7月度 放送番組審議会報告 (7月15日開催)

●出席者 委員/9名 社側/半野社長含め4名

社側からは「参議院議員選挙開票特別番組」などについて報告。また、6月13日(月)に放送した「かっとびワイド」を番組試聴。 委員からは「エベレスト登頂に成功したパーソナリティーなすびさんの人柄が上手く引き出されている。」「サプライズで登場したゲストや リスナーの皆さんのお祝いの気持ちが伝わってきた。」や「もう少し出演者のプロフィールなどの情報が欲しかった。」等の意見が出されました。

■2016年6月度 放送番組審議会報告 (6月16日開催)

●出席者 委員/6名 社側/半野社長含め4名

社側からは「全国高等学校野球選手権福島大会関連番組」などについて報告。 また、5月28日に放送した特別番組「動物感謝の手紙コンテスト」を番組試聴。委員からは 「アナウンサーの朗読を通して作者の動物への愛情が伝わった」 「BGMが効果的に使われていて作品の雰囲気に合っていた。」や 「審査された手紙の講評や、 選ばれた方のコメントなどがあれば番組に幅が出た。」等の意見が出されました。

■2016年5月度 放送番組審議会報告 (5月12日開催)

●出席者 委員/6名 社側/半野社長含め5名

社側からは「アノンシスト賞ブロック審査会」などについて報告。 また、3月17日と18日に放送した「新高校生にエールを~ オリエンラジオ2016」を番組試聴。委員からは「高校の特徴や特色がでている」 「相手の立場に立ったインタビューの引き出し方が大切」や 「より多くの生徒や保護者の皆さんに聴いて頂く工夫が必要」等の意見が出されました。

■2016年4月度 放送番組審議会報告 (4月9日開催)

●出席者 委員/8名 社側/半野社長含め4名

社側からは「第29回rfc桜まつり」などについて報告。 また、3月11日(金)に放送した特別番組「6年目の春に」と 「311人のハーモニー」を試聴。委員からは「リスナーの立場に たった番組作りで好印象だった」や「インタビューでの言葉の引き出し 方が上手く、イメージもわきやすかった」「ラジオならではの視点で、 これからも番組を制作して欲しい」等の意見が出されました。

■2016年3月度 放送番組審議会報告 (3月18日開催)

●出席者 委員/5名 社側/半野社長含め4名

社側からは「第29回rfc桜まつり」や、4月からの新しい番組編成などについて報告。 番組試聴は1月30日と2月6日に放送した「パーソナリティーアカデミー」を試聴。委員からは 「リスナー参加型の番組は好印象で、ゲストへの質問も工夫されていて構成も良かった」や「このよ うな番組内容を、県外にどのように発信していくかが大切」等の意見が出されました。

■2015年12月度 放送番組審議会報告 (12月18日開催)

●出席者 委員/7名 社側/半野社長含め4名

社側からは12月2日に行われた 「音の出る信号機寄贈式」と14日に行われた「音声案内装置寄贈式」について報告。 また、11月15日に放送した「ふくしま駅伝実況中継」試聴。委員からは 「スタートからゴールまでの完全生放送は聴き応えがあった」や「トップ争いや先頭グループだけではなく 、下位のチームももっと中継で取り上げて欲しかった」等の意見が出されました。

■2015年11月度 放送番組審議会報告 (11月19日開催)

●出席者 委員/5名 社側/半野社長含め4名

社側からは11月1日からスタートした「第39回通りゃんせ基金キャンペーン」のキックオフイベントなどについて報告。 また、10月17日に放送した「VOICE円谷幸吉」を試聴。委員からは「臨場感があり当時の状況が実感できる構成になっていた。」 「円谷選手の誠実な人柄がでていて温か味のある番組だった。」等の意見が出されました。

■2015年10月度 放送番組審議会報告 (10月15日開催)

●出席者 委員/6名 社側/半野社長含め4名

社側からは、11月1日からスタートする「第39回通りゃんせ基金キャンペーン」などについて報告。 また、8月6日と9月4日に放送した「ふくしま未来マップ~明日へ向かって」を試聴。 委員からは「構成やインタビューが上手くまとまっていて、共感できる番組だった」「コンセプトが素晴らしく、 県民の元気を後押している」等の意見が出されました。

■2015年9月度 放送番組審議会報告 (9月17日開催)

●出席者 委員/6名 社側/本多会長含め4名

社側からは、「防災キャンペーン」や「ラジオ福島マスコットキャラクター」などについて説明。 また、8月4日と6日に放送した「ふくしまキッズレポート」を試聴。 委員からは「小学生のインタビューがテンポがあって良かった」「子ども達の声だけで番組が構成されているのが印象に残った」「音が活かせるテーマ選びや番組作りが必要だと感じた」等の意見が出されました。

■2015年7月度 放送番組審議会報告 (7月16日開催)

●出席者 委員/5名 社側/本多会長含め3名

社側からは、「通りゃんせ基金キャンペーン」寄贈品の贈呈先などについて説明。 また、6月8日に放送した「かっとびワイド」を試聴。 委員からは「パーソナリティなすびさんの人間性をインタビューでうまく引き出している」や 「エベレスト登頂チャレンジから、ネパール大地震後の支援活動の経過が分かりやすく構成されている」等の意見が出されました。

■2015年6月度 放送番組審議会報告 (6月11日開催)

●出席者 委員/4名 社側/本多社長含め6名

4月19日に放送した「吉田真希子のそれがどうした」と5月3日放送の 「片平俊夫・陸上王国ふくしま物語」を試聴。 委員からは「内容が前向きで聴いている人が元気になる力強い番組」や「それがどうしたという自分自身に 言い続けてきた言葉が心に残った」「片平さんと吉田さんのそれぞれの人間性が上手く伝わってきた」 等の意見が出されました。

■2015年5月度 放送番組審議会報告 (5月14日開催)

●出席者 委員/8名 社側/本多社長含め5名

社側から「音声案内装置寄贈式」などについて説明。 また、4月26日に放送した「玄侑宗久・丹羽太貫 放射線を語る~その2~」を試聴。 委員からは「情報をきちんとタイムリーに出していくことが大切」や「聴いている人の立場も 様々なので、その点を意識して欲しい」「多面的な角度からの番組作りも必要」等の意見が出されました。