AM:福島 1458kHz・郡山 1098kHz・会津若松 1395kHz・いわき 1431kHz・原町 801kHz / FM:中通り90.8MHz・東金山77.8MHz・西金山79.3MHz・金山79.3MHz・会津90.8MHz・浜通り90.2MHz

ラジふく君

ラジオ福島

今日の天気

中通り(晴のち曇 … 22℃/13℃)浜通り(晴のち曇 … 21℃/14℃)会津(晴のち曇 … 21℃/11℃) 10/23 5:00更新

暴風と高波及び大雨に関する福島県気象情報 第5号 10月22日15時40分 福島地方気象台2019年10月22日15時51分更新

福島県の海上では、22日夜遅くにかけて暴風に警戒し、高波に注意してく ださい。また、福島県では、大雨の峠は越えつつありますが、23日未明にかけて雨の降る所があるでしょう。台風第19号による記録的な大雨により 、地盤の緩んでいる所や河川堤防等が損傷を受けた地域では、23日明け方にかけて土砂災害や河川の増水に注意してください。

【気象状況】
低気圧が関東の東にあって北東へ進んでいます。

【風・波】
<地域・時期・量的予想>
福島県の海上では、22日夜遅くにかけて、北よりの強い風が吹き、しけるでしょう。

22日夜遅くにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  海上 18メートル(30メートル) です。

波の高さは、4メートルです。

<防災事項>
海上では、22日夜遅くにかけて、暴風に警戒してください。また、23日にかけて、高波に注意してください。

【雨】
<実況>
降り始め(22日0時)から22日15時までの総降水量は、以下のとおりです。(アメダスによる速報値)

  福島市鷲倉 44.5ミリ
     相馬 43.5ミリ
     白河 43.0ミリ
     新地 42.0ミリ
     浪江 39.0ミリ
  天栄村湯本 39.0ミリ
     飯舘 38.5ミリ
    二本松 37.5ミリ

<地域・時期・量的予想>
福島県では、大雨の峠は越えつつありますが、23日未明にかけて雨の降る所があるでしょう。

23日18時までの24時間に予想される降水量は、いずれも多い所で、
 中通り・浜通り 20ミリ です。
 
<防災事項>
福島県では、台風第19号による記録的な大雨により、地盤の緩んでいる所があります。また、多くの河川で氾濫や堤防の決壊が発生し、河川堤防等が損傷を受けた地域があります。これらの地域では、普段では災害が起きないような雨量でも土砂災害や洪水の危険度が高まるおそれがあります。23日明け方にかけて、土砂災害や河川の増水に注意してください。

大雨と洪水に関する福島県気象情報 令和元年10月22日06時08分 福島地方気象台発表2019年10月22日09時43分更新

福島県では、前線や低気圧の影響により、23日未明にかけて大雨となる所があるでしょう。台風第19号による記録的な大雨により、地盤の緩んでいる所や河川堤防等が損傷を受けた地域では、土砂災害や河川の増水に注意・ 警戒してください。

【気象状況】
台風第20号から変わった温帯低気圧が紀伊半島の南にあって、前線が伊豆諸島を通って日本の東にのびています。低気圧は22日朝には東海道沖に進み、前線上の関東の東で新たに低気圧が発生して、23日にかけて三陸沖に進むでしょう。

【雨】
<地域・時期・量的予想>
福島県では、前線や低気圧の影響により、23日未明にかけて雨となり、1時間に20ミリの強い雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

23日6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
 中通り・浜通り 80ミリ
 会津      60ミリ です。

<防災事項>
福島県では、台風第19号による記録的な大雨により、地盤の緩んでいる所があります。また、多くの河川で氾濫や堤防の決壊が発生し、河川堤防等が損傷を受けた地域があります。これらの地域では、普段では災害が起きないような雨量でも土砂災害や洪水の危険度が高まるおそれがあります。23日未明にかけて、土砂災害や河川の増水に注意・警戒してください。

ラジオ福島では各種災害関連情報をまとめた「災害情報ポータル」を開設しました。2019年10月14日16時59分更新

是非ご利用ください。

■「ラジオ福島災害情報ポータル」
http://www.rfc.jp/bosai/別ウィンドウで開く

ニュース一覧へ

交通安全サポーター情報

10月は、トラクターや耕耘機など農耕車運転中の重大交通事故が多発する傾向にあり ます。2019年10月7日08時30分更新

農作業に従事する方は交通安全意識をもって、事故防止に努めましょう。

本格的な農繁期を迎え、道路を走行する農耕車を多く見ますが、10月は、トラクターや耕耘機など農耕車運転中の重大交通事故が多発する傾向にあります。
過去5年間(H26~H30)に県内で発生した農耕車の交通事故の特徴
月別では9月① から11月の発生が全体の約半数を占める。
② 時間別では午後4時から午後6時までの発生が最も多い。
③ 追突事故が最も多く、次いで単独事故が多い。死亡事故は5件発生している。
④ 市町村道での発生が最も多く、約半数を占める。

1 農耕車も道路上では「車両」であることを認識し、農耕車の特性を十分理解して運転しましょう。
・原則、道路上での作業をしないようにしましょう。
・ 農耕車は速度が遅いため、道路横断時は十分な安全確認を行いましょう。
2 道路状況に応じた確実な運転操作を行いましょう。
・単独事故が多いのでハンドル、ブレーキ操作を確実に行いましょう。
・農耕車の下敷きにならないよう周囲を良く確認し、車幅や走行する路肩の状況を十分確認しましょう。
・安全フレームやシートベルトを確実に装着しましょう。
3 明け方や夕暮れ時の追突事故を防止しましょう。
・農耕車に「低速車マーク」や夜光反射材を取り付けましょう。
・運転者自身が夜光反射材用品を身に付けましょう。
・無理な農作業計画を立てず、明るいうちに作業を終了しましょう。

□rfc ZERO FUKUSHIMA 交通事故・飲酒運転撲滅キャンペーン
http://www.rfc.jp/zero_fukushima/別ウィンドウで開く

「ピカッと・カチッと大作戦」を実施中です。2019年9月30日16時14分更新

令和元年9月21日(土)から当分の間

これから年末にかけて重大事故が多発するおそれがあることから、福島県交通安全協会と連携し、夜光反射材着用やライト早め点灯及び原則上向きライト走行を促進する「“ピカッ”と光ってセーフティ」、シートベルトやチャイルドシートの正しい着用を促進する 「“カチッ”と締めてセーフティ」を重点とした「ピカッと・カチ ッと大作戦」を実施中です。

リスナー投稿情報

投稿はこちらから

リスナーの皆様からの情報をお待ちしております。[投稿する]ボタンをクリックして投稿フォームをご利用ください。

おすすめバナー

  • 第42回通りゃんせ基金キャンペーン寄贈品
  • アクション12
  • とみっぴーラジオ
  • 「ハートフルトーク鳥居をくぐれば」好評放送中!
  • ENEOSプレゼンツ あさナビ
  • radiko news
  • なるほど! ニッポン応援団
  • ラジオクラウド
  • Youtube サンキン
  • ティーバイティガレージ
  • ラジふく君LINEスタンプ
  • NRN
  • ふくしま元気組
  • 夜ノ森の桜保全基金
  • ブランディア
  • ライクス
  • ハイウェイ人街ネットふくしま
  • 火曜会
  • 47club
  • 福島民報社

© ラジオ福島.All Rights Reserved.