金融機関職員などを名乗る者からキャッシュカードを要求されたり、暗証番号を尋ねられたりしたら、詐欺であることを疑いましょう。

  1. キャッシュカードを渡さない。
  2. 暗証番号を絶対に教えない。
  3. 家族に相談するとともに警察に通報する。

オレオレ詐欺

預貯金詐欺

キャッシュカード詐欺盗

架空料金請求詐欺

還付金詐欺

金融商品詐欺ほか

なりすまし詐欺の認知・
検挙状況について
(福島県警察本部発表)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 8月10日(水)午後4時頃から4時30分頃までの間、 二本松市内の一般住宅に、市役所職員を名乗る男から、 「介護保険等の払い戻しがある」 などといったなりすまし詐欺予兆電話が3件ありました。 電話を受けた方が不審に思い対応しなかったため、相手が電話を切断し、 被害には遭いませんでした (2022.8.10 / 二本松署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 8月9日(火)午後2時頃、 須賀川市内の70歳代男性の自宅に、市役所保険課をかたる男から 「2月の還付金がある」 「手続きしましたか」 といった内容の電話がありましたが、詐欺の電話と疑い、被害には遭いませ んでした。 (2022.8.9 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 8月9日(火)午前10時頃、 90歳代女性宅に警察官を名乗る男から 「福島北警察署の者です」 「銀行口座から無断で引き落とされている事故があります」 「銀行の職員が関わっているんです」 などの電話電話がありましたが、詐欺だと気付き、被害には遭いませんで した。 (2022.8.9 / 福島北署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 8月9日(火)午前9時30分頃、 80歳代女性宅に警察官を名乗る男から 「福島北警察署の者です」 「通帳からお金を引き落とされる被害に遭っていませんか」 「お金が戻る手続きがあります」 などの電話がありましたが、詐欺だと気付き、被害には遭いませんで した。 (2022.8.9 / 福島北署)

STOP詐欺被害

警察をかたる不審電話の発生

 8月9日(火)午前9時30分頃、 福島市内に住む80代の女性宅に警察をかたる男 から、「振込詐欺の被害者の中にあなたの名前が入っています。」 との電話がありました。 女性が、「息子に聞いてみます。」 と話したところ、電話が切断されたため被害には遭いませんでした。 (2022.8.9 / 福島署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 8月6日(土)午後2時30分頃、 二本松市内の一般住宅に、市役所職員を名乗る男から、 「介護保険の払い戻しがあるので電話しました」 などといった電話がありました。 電話を受けた方が、不審に思い対応しなかったため、相手が電話を切断 し、被害には遭いませんでした。 (2022.8.6 / 二本松署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月30日(土)午前10時30分頃、 喜多方市内の一般住宅の加入電話に病院職員をかたる男から、 「○○病院です。○○さんが救急外来で受診した結果、腫瘍が見つか った」「癌の可能性があるので、電話口の方はどなたですか」 などと電話がありました。 電話を受けた50歳代の女性が「家族です」などと答えたところ、一方 的に電話を切断したため、被害はありませんでした。 (2022.7.31 / 喜多方署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月30日(土)午後3時20分頃、 二本松市内の一般住宅に、市役所職員を名乗る男から、 「保険金の返金があるので特別に電話しました」 「過剰徴収をしていたようで返金があります」 などといった電話がありました。 電話を受けた方が、家族に電話を代わろうとしたところ、相手から電話を 切断され、被害には遭いませんでした。 (2022.7.30 / 二本松署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月29日(金)午前10時30分頃、 喜多方市内の一般住宅の加入電話に息子の勤務先をかたる男から、 「息子さんが手術をすることになった。」 との電話があり、その後、息子をかたる男から、 「喉の調子が悪く、声に違和感がある。」 「病院で喉の手術をすることになった。」 との電話がありました。 息子をかたる電話を受けていた際、息子本人が帰宅したため、被害はあり ませんでした。 (2022.7.30 / 喜多方署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月29日(金)午前10時30分頃、 須賀川市内の70歳代女性宅に、医師をかたる男から 「息子さんが2、3日前から喉が痛い」「腫れている、食べられないとい うことで切開することになる」「癌になっている」 との電話があり、その後、息子をかたる男と電話を替わりましたが、詐欺の 電話と見破り、被害には遭いませんでした。 (2022.7.29 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

現金185万円被害、郡山市会社役員50代男性Aさん

 6月24日(金)頃、 被害会社に中小企業様向け特例融資というFAX が届き、FAXの記載内容を信じたAさんが、融資を受けるために相手と電 話やFAXでやりとりをして申請。 相手からは、 「融資するためには手数料が必要、振り込みの際の依頼人名の 記載内容が違う」 などと言われ、7月4日、5日に渡り、相手から指定された口座に合計5回振り込みをした。 振り込みをしたにも関わらず、一向に融資金が振り込まれないため、詐欺 被害に遭ったと気が付いたもの。 (2022.7.23 / 郡山北署)

STOP詐欺被害

現金50万円被害、白河市80代女性Aさん

 7月21日(木)、 Aさんの自宅に白河市役所の職員を名乗る男から電 話があり「健康保険料の還付金があります」「キャッシュカードが古くて使え ません」「新しいカードと交換が必要です」などと言われ、訪問してきた金 融機関の職員を名乗る男にキャッシュカード1枚をだまし取られたもの。 その後、Aさんが知人からのアドバイスを受けて警察に相談し、口座から 50万円が引き出されていたことで被害に気づいたもの。 (2022.7.22 / 白河署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月21日(木)午後3時頃から午後3時24分頃までの間、 須賀川市内の70歳代女性宅に市役所職員をかたる男か ら「高額医療の還付金があります」「この後、金融機関から電話があります」 などと電話があり、その後、午後3時9分頃、金融機関職員をかたる男から 「カードが古いので交換した方がいいです」 「近所に行っている職員がいるので向かわせます」 などと電話があった。 電話を受けた女性は、不審に思い、金融機関に電話し、真偽を確認してい たところ、午後3時24分頃に自宅のインターホンが鳴り、玄関の網戸から 見知らぬ男性がのぞいているのを見つけ、「今来たみたいです」などと電話 口の金融機関職員に話していたところ、男性は立ち去ったため、被害には遭 いませんでした。 (2022.7.21 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

現金70万円被害、三春町80代女性Aさん

 7月19日昼頃、Aさん宅に病院の職員を名乗る男から「息子の具合が悪 くなった」との電話があり、さらに息子の上司を名乗る男性から「病院で息 子のバッグが盗まれ、大事な書類も盗まれた」「そのため、現金が今日中に必 要なので取りに行く」との電話があったため、同日午後3時頃、Aさん宅 を訪問した上司の弟を名乗る男性に現金70万円を手渡したもの。 (2022.7.19 / 田村署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月19日(火)午後6時頃、 須賀川市内の70歳代女性の自宅に、医師をかたる男から 「息子さんが喉の手術をすることになった」 との電話があり、その後、息子をかたる男や病院の警備員をかたる男から 「明後日、手術をすることになった」 「公衆電話の上に携帯電話と財布を置き忘れた」 「会社のキャッシュカードをなくしてしまった」「300万円必要だ」 などといった電話がありましたが、詐欺の電話と見破り、被害には遭いませ んでした。 (2022.7.19 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話2件発生

 7月19日(火)午前11時頃から午後2時10分頃までの間、 須賀川市内の50歳代女性宅及び岩瀬郡鏡石町地内の80歳代男性宅に、 医療機関職員をかたる男性から 「家族の方が喉の病気で手術をした」 などとそれぞれ電話がありました。 電話を受けた方々が、これを不審に思い、家族等に確認をしたり、電話先 の相手に「詐欺ではないのか」などと問い詰めたところ、相手が電話を切断 しています。 詐欺の電話と見破った後も、家族をかたる男性から 「喉の手術をしたのは本当だ」 などと電話がありましたが、声が違うことを指摘したところ、電話が切断さ れ、被害に遭うことはありませんでした。 (2022.7.19 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

現金100万円被害、郡山市70代女性Aさん

 7月14日午前11時頃、Aさん宅にAさん宅に市役所職員を名乗る男から「医療保 険の還付金がある。通帳の確認と手続きに行く」との電話があり、同日午後 0時頃、Aさん宅を訪問した金融機関を名乗る男に「キャッシュカードは古 くて使えない」等と言われて、キャッシュカードをだまし取られ、口 座からは約100万円が引き出されていたもの。 (2022.7.19 / 郡山署)

STOP詐欺被害

現金680万円被害、福島市60代男性Aさん

 7月5日(火)から7月12日(火)までの間、 7月5日、Aさんの携帯電話に金融会社名で、 「ご利用料金についてのお知らせ」「本日中にご連絡ください」 とのメールが届き、Aさんは、メールに記載された電話番号に電話をしまし た。電話に出た男性に、 「未納料金の調査費として10万円かかります」 「追加費用で70万円を支払って下さい」 などと言われ、その後、セキュリティ会社に電話をするように指示されて、 電話をしたところ、 「あなたの携帯電話からウィルスが出て、他の会社が感染して被害を 受けています」 「会社の被害は数千万円になっています」 「600万円を支払えば、被害が全額補償されます」 などと言われ、信じ込んだAさんは、7月12日までに複数回に渡り相手に 指定された口座にATMから合計680万円を振り込み、被害に遭いました。 (2022.7.15 / 福島署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話4件発生

(1) 7月13日(水)午前10時頃、 80歳代女性宅(桑折分庁舎管内)に医師を名乗る男から 「耳鼻咽喉科の者です」 「息子さんが喉に炎症を感じて今来ています」 などの電話。
(2) 7月13日(水)午前10時頃、 80歳代女性宅に医師を名乗る男から 「耳鼻科の者です」 「息子さんが喉に腫瘍が出来ています」 などの電話。
(3) 7月13日(水)午前10時頃、 60歳代女性宅(桑折分庁舎管内)に警察官や警察から委託された業 者を名乗る男から 「北警察署捜査二課の者です」 「なりすまし詐欺の犯人を逮捕して通帳を確認したところ、あなた の通帳が出てきました」 「個人情報が漏れて通帳が作られています」 「取引銀行を教えて下さい」 などの電話。
(4) 7月13日(水)午前11時頃、 70歳代女性宅(桑折分庁舎管内)に医師や息子を名乗る男から 「息子さんが交通事故に遭い治療中です」 「麻酔が解ける頃、息子から電話が来ると思います」 「○○(息子の名前)だけど」 などの電話。
4件とも家族等に相談するなどして被害には遭いませんでした。 (2022.7.13 / 福島北署)

STOP詐欺被害

医師を名乗る不審電話、なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月13日(水)午前9時30分頃、 福島市内の高齢夫婦宅に、実在する病院の医師 を名乗る者から、 「息子さんの喉に腫瘍が出来ていてガンです」 との電話があり、驚いた女性がすぐに夫と電話を代わったところ、相手から 電話が切断されました。 (2022.7.13 / 福島署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月13日(水)午前9時30分頃から午後4時30分頃までの間、 二本松市内の70歳代から80歳代の自宅に、病院職員を名乗る男から、 「あなたの息子が喉の癌になった」 「喉にポリープが見つかった」 「泥棒の被害にも遭ったようだ」 「緊急にお金が必要だ」 などといった電話がありました。 電話を受けた方々は、不審に思って家族や当署に通報するなどして嘘であ ることを見破っており、被害には遭いませんでした。 (2022.7.13 / 二本松署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月11日(月)午後4時頃、 福島市内の60代と70代の女性宅に、福島警察署の警察官をかたる者から 「銀行員が持っていたキャッシュカード60数枚にあなたのカードがあります」 「このカードは名前の部分が削られています」 「今一人ですか」 と聞かれたため不審に思い、相談してから折り返す旨申し伝えたところ電話が切断されたものです。 (2022.7.11 / 福島署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月11日(月)午後5時頃から午後6時20分頃までの間、 警察官をかたる男女から伊達市内の高齢男女3世帯に 「あなたの知り合いが警察に捕まっているようです」 といった電話や「サイトウやヤマダという者を捕まえたところ、あなたを知っている と話をしました」「捕まえた犯人があなたのキャッシュカードを持っていました」 といった電話がありました。いずれの方も不審に思い、家族に確認し、更には警察署に確認するなどし て嘘を見破り、被害はありませんでした。 (2022.7.11 / 伊達署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生

 7月11日(月)午後3時30分頃から午後4時30分頃までの間、 二本松市内の一般住宅等に、警察官を名乗る男から、 「犯人を捕まえた」「あなたの家を狙っている」「銀行等と取引はないですか」 などといった電話がありました。電話を受けた方々は、直ぐに不審に思って、当署に通報するなどして嘘で あることを見破っており、被害には遭いませんでした。 (2022.7.11 / 二本松署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の認知

 7月9日(土)午前9時頃から同日午前10時5分頃までの間、 相馬市内に住む60歳代から90歳代の女性5人のそれぞれの自宅に、警 察官をかたる者から、「相馬警察署です、お宅が狙われています」 「警察なんですけど、銀行の同じカードを持っている人が2人いて大変な んです」などといった電話がありました。 いずれも電話を受けた方が不審に思い、すぐに当署に確認するなどして嘘 を見破り、被害には遭いませんでした。 (2022.7.9 / 相馬署)

STOP詐欺被害

現金総額300万円被害、いわき市80代女性Aさん

7月7日(水)午前10時30分頃、Aさん方に、警察官を名乗る男か ら「キャッシュカードを変える必要がある。これから別の者を受け取りに行 かせる。」などと電話があり、その後、Aさん方に警察官を名乗る男が訪れ 「先ほど連絡が来たと思いますが、キャッシュカードを受け取りに来ました。 」と話をしたため、キャッシュカード4枚を手渡した。その後、不審に感じたAさんが金融機関に連絡をしたところ、総額300万円が引き落とされていることが分かり被害に遭ったことに気づいたもの。 (2022.7.7 / いわき中央署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、須賀川市内

 7月7日(木)午後2時40分頃、 須賀川市内の60歳代女性宅に、市役所職員をかたる男性から 「介護保険を多く支払っているので3万円が戻ってくる。書類を送付したが届いているか。銀行に行くように。」 などと電話がありました。電話を受けた女性は、不審に思って夫と電話を替わり、電話を替わった夫 が、「詐欺ではないのか」などと問い詰めたところ、相手が電話を切断したため、被害には遭いませんでした。 (2022.7.7 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

現金約100万円被害、会津若松市70代女性Aさん

7月6日(水)午前10時30分頃、病院職員を名乗る者から電話で「息子さんが救急車 で運ばれた。喉が悪いようで、声が変わっているかも知れない。」などと言 われ、その後、息子を名乗る男から電話があり、「重要書類を病院でなくし た。お金が必要だから準備しておいて。会社の人間が取りに行くから。」な どと言われた。そして、午前11時30分頃、Aさん方に現れた男に用意していた現金 100万円を渡したものの、さらに現金を要求する電話が来たことから、不審に思い警察に届けたものです。 (2022.7.6 / 会津若松署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、須賀川市内で2件

 7月6日(水)午後3時15分頃から午後4時25分頃まで、 須賀川市内の60歳代女性宅と60歳代男性宅に、市役所職員をかたる男 性から「ご夫婦に対して払戻金があります。最寄りの銀行に行ってください。 還付の書類を送った。期限が切れたので電話で確認します。」 などとそれぞれ電話がありました。 電話を受けた方々が、これを不審に思い、市役所等に確認するなどしたため、被害には遭いませんでした。 (2022.7.6 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

現金約10万円被害、福島市70代女性Aさん

7月5日(火)午後2時頃、福島市内居住の70代女性の携帯電話に 「ご利用料金についてのお知らせです。」「本日中にご連絡ください。」 とのメールが届き、女性は、午後2時頃、メールに書かれていた電話番号に 電話をしました。電話に出た男に 「インターネットの利用料金で約30万円の滞納金があります」 「すぐに10万円を振り込めば5%の負担で済みます」 などと言われ、信じ込んだ女性は、最寄りのATMで現金10万円を振り込 み、被害に遭ったものです。 (2022.7.6 / 福島署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、西会津町内で2件

7月5日(火)午後0時頃から午後3時頃までの間に2件発生。
■1件目
 西会津町内の一般住宅の加入電話に病院職員をかたる男から、 「息子さんが救急車で運ばれた。息子さんから電話がある。」 などとの電話があり、その後息子をかたる男から、 「喉の癌になった。今日手術の検査をするから家に帰れない。」 などと電話があり、更に病院職員をかたる男から、 「家族の中に癌の人がいるか。今日息子さんの検査がある。」 などと電話がありました。電話を受けた70歳代の女性が不審に思い、息子さんに確認して、嘘を見破り、被害はありませんでした。
■2件目
 西会津町内の一般住宅の加入電話に息子をかたる男から、 「喉の調子が悪くて、病院に行ったが、そこでカバンを無くした。 治療代や生活費が必要となった。」などと電話があり、電話を受けた70歳代の女性が100万円を準備する と伝えると、電話を切断しました。その後、再度息子をかたる男から、 「カバンには会社の資料も入っていた。もっとお金を準備してほしい。」などと電話がありました。 電話を受けた70歳代の女性がお金を準備するため、金融機関に相談し たところ、職員がなりすまし詐欺を疑い、警察に相談したため、被害はあ りませんでした。 (2022.7.5 / 喜多方署)

STOP詐欺被害

現金約450万円被害、郡山市70代女性Aさん

 7月4日(月)午後2時30分ころ、Aさん方に息子をかたる男から、 「喉がガンで手術をしないといけない。病院で検査をしていたら鞄を 盗まれた。お金が無くなったのでお金を準備して欲しい。お金は会社 の人が取りに行くから。」等と電話がありました。話を信じたAさんは、午後3時ころ、Aさん方を訪問した、会社の同僚を名乗る男に現金400万円を手渡しました。 その後、再度息子をかたる男から電話があり、「もっとお金がかかるから、用意して欲しい。」 などと言われ、再度午後5時30分ころ、Aさん方を訪問した男に現金50万円を手渡しました。 Aさんは、帰宅した息子に事情を説明したところ、詐欺被害に遭ったと気づいたもの。 (2022.7.5 / 郡山北署)

STOP詐欺被害

現金約150万円被害、猪苗代町60代女性Aさん

 6月21日(火)、被害者の携帯電話に「料金のことで確認したいこと がある。」等と記載されたショートメッセージが送られてきたため、問い合わせ先に電話したところ、男性の声で「ウイルスにより、あなたの電話番号 からインターネットが悪用された。悪用された際の保証金を支払ってほしい。」等と言われた。 その後、被害者の携帯電話にセキュリティ協会を名乗る男性から電話があり、男性に言われるがまま、4箇所の指定口座に合計15回約150万円を 振り込み騙し取られたもの。 (2022.7.1 / 猪苗代署)

STOP詐欺被害

現金約290万円被害、二本松市70代女性Aさん

 6月23日(木)から6月25日(土)の間、市役所職員を名乗る者から、「還付金があります。ATMに向かって下さ い。」などと電話があり、話を信じたAさんが、3日間で3回にわたりATMで合計約290万円を振り込み、被害に遭ったもの。 (2022.6.25 / 二本松署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、西会津町60代男性の携帯電話に

 6月24日(金)午後0時頃から午後4時45分頃まで、「確認事項があります。今日中に電話してください。」 などの内容のショートメールがあり、その後、男性の携帯電話に、氏名不詳 の男から「アプリ利用料金の確認が取れていない。」 などと電話がありました。電話を受けた男性が不審に思い、「アプリは知らない。詐欺ですか。」旨 を伝えたところ、相手は電話を切断したため、被害はありませんでした。 (2022.6.24 / 喜多方署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、福島市70代女性携帯電話に

 6月24日(金)午後0時30分頃、「ご利用料金で話したいことがあります。」 「ご連絡ください。」という内容のメールが送信されてきたため、女性が指定された連絡先に電話 をしたところ、男から 「昨年登録したアプリが解約されていません。」 「今日中に29万円を支払ってください。」 「支払いがなければ裁判を起こします。」 との話をされました。 女性は、請求内容に身に覚えがないため不審に思い、家族に相談したこと から被害には遭いませんでした。 (2022.6.24 / 福島署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、相馬市60代女性自宅に

 6月24日(金)午前10時、市役所職員をかたる男から、 「介護保険料の払戻金がある。担当者から連絡がある。」 などと電話があり、続いて金融機関職員をかたる男から、 「通帳とカードを持って、スーパーに着いたら連絡をください。」 などと電話がありましたが、電話を受けた方が詐欺と見破り、被害はありま せんでした。 (2022.6.24 / 南相馬署)

STOP詐欺被害

現金200万円被害、郡山市80代女性Aさん

 6月22日(水)午後3時30分頃、Aさん宅に警察官を名乗る男や保健課を名乗る女から「あな たの口座からお金が引き出されている。」「新しいカードにすればこういう ことは起きない。カードを取りに行きます。」などと電話があり、その話を 信じたAさんが訪問した男にキャッシュカードを欺し取られ、口座から約200万円が引き出される被害にあったもの。 (2022.6.22 / 郡山署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、福島署、福島北署、伊達署管内

 6月21日(火)午前10時頃から午後1時頃までの間、福島署、福島北署、伊達署管内において、警察官をかたるなりすまし 詐欺の予兆電話が発生。(6月21日(火)午後4時30分現在5件)。
 一般住宅の加入電話に警察官をかたる者から 「犯人を逮捕したらあなたのキャッシュカードを持っていた」 などとの電話がありました。 いずれも電話を受けた方々が嘘を見破り、警察に確認するなどしたため被 害はありませんでした。 (2022.6.21 / 福島署、福島北署、伊達署)

STOP詐欺被害

現金100万円被害、福島市80代女性Aさん

 6月20日(月)午後0時40分頃、福島市在住のAさん宅に警察官を名乗る男から「空き巣の被害に遭ってい ないか。あなたの口座から現金が引き出されている。捜査に協力して欲し い。」などと電話があり話をしていると、一人の男がAさん宅を訪ねてきて 「キャッシュカードを見せて欲しい。」などと言われた。 電話の話を信じたAさんは、自宅にきた男が警察官だと思い、キャッシュ カードを手渡したところ、男に言われて印鑑を準備するなどした後、男から 封筒を手渡され、男は帰って行った。 Aさんは、男が帰った後に不安になり、家族に話をし警察署に届け出たた め、被害が発覚したもの。 現時点、Aさんの口座から現金合計100万円が引き出されている。(2022.6.20 / 福島署)

STOP詐欺被害

現金140万円被害、白河市80代女性Aさん

 6月15日(水)午後3時頃、白河市在住Aさんの自宅に、白河市役所の職員や金融機関の職員 を名乗る男から電話があり、「還付金があります。還付金が送金できない。 キャッシュカードを取りに行く」などと言われ、訪問してきた金融機関の職 員を名乗る男にキャッシュカード2枚をだまし取られた。 金融機関が多額の出金があることをAさんに通知し、140万円の被害に 気づいたもの。(2022.6.15 / 白河署)

STOP詐欺被害

高齢者夫婦の自宅に、介護施設への入居権を巡る不審電話

 6月16日(木)午後5時頃、高齢者夫婦の自宅に証券会社の社員を名乗る者から、
・ 介護施設に入る権利枠を譲って欲しい
・ それに関する書類を送りたい
との電話がありました。
女性は、
書類はいらない
と断りましたが、相手がこれに応じず夫が電話を替わるとそのまま切断した ことから、被害はありませんでした。介護施設の入居権に関する話は詐欺なので、すぐに電話を切断して警察に 通報してください。(2022.6.16 / 福島署)

STOP詐欺被害

ATMで現金約10万円を振り込みし被害、福島市70代男性Aさん

 6月9日午後1時頃、Aさん使用の携帯電話に
・ ご利用料金に関する確認事項があります
・ こちらまで連絡ください
と固定電話番号記載のメールが届き、Aさんは、午後7時頃、記載の番号に電話をしました。 電話に出た債権回収会社を名乗る男に
・ インターネット関連サービスの延滞料金などで約10万円が発生しています
・ すぐに振り込めば、救済措置で必ずお金が返せます
と言われ、Aさんは、ATMで現金約10万円を振り込みました。 翌日、さらに別の固定電話番号からアダルトサイト利用の滞納金の電話が 来たことで不審に思い、今回の被害に気が付きました。(2022.6.9 / 福島署)

STOP詐欺被害

なりすまし詐欺予兆電話の発生、須賀川市70代女性宅

 6月8日から10日にかけて、須賀川市内の70代女性の自宅に、住宅メーカーをかたる男から 老人ホームに入るための名前を貸してくれないか との電話があり、さらに、インターネット関連サービス会社から 住宅メーカーから1,000万円の入金があった残りの1,000万円を支払ってもらわないと、警察に通報する との電話がありましたが、家族に相談し被害に遭いませんでした。(2022.6.10 / 須賀川署)

STOP詐欺被害

現金140万円被害、福島市80代女性Aさん

 6月7日(火)午後3時頃、Aさん宅に、市役所職員を騙る男から保険料の還付金についての電話があり、さらに、金融機関職員を騙る男から
・ あなたの口座番号は還付金手続きができない番号です。
・ 変更する手続きに暗証番号が必要です。
・ 職員が向かいますので、キャッシュカードを渡してください。
などと電話がありました。その後、自宅を訪れた男に、Aさんはキャッシュカードを渡したところ、 男はキャッシュカードを封筒に入れ、封印を求めてきたため、Aさんが室内に印鑑を取りに行った隙に、キャッシュカードをすり替えられ、盗まれたも のです。Aさんの口座からは、現金140万円が引き出されているのを確認しています。(2022.6.7 / 福島署)

なりすまし詐欺の認知・検挙状況について