新番組「ふくしま情熱探訪~59市町村再発見の旅」は、 59市町村の情熱人へのインタビューを通して地域のポテンシャルの高さを再認識し、 聖火リレーのコンセプトと同じく希望の道をつなぎながら、福島県の持つ「宝」や「魅力」、「人々の力」を発信してまいります。基本的には毎月第2.4月曜日(変更あり) 14:15~14:30放送
■Twitterハッシュタグ #rfcふくしま情熱探訪

福島県 楢葉町 会津坂下町 湯川村 柳津町 下郷町 檜枝岐村 只見町 須賀川市 南会津町 桑折町 国見町 川俣町 大玉村 鏡石町 天栄村 鮫川村 三島町 金山町 昭和村 郡山市 会津若松市 田村市 三春町 小野町 本宮市 伊達市 白河市 広野町 会津美里町 福島市 いわき市 大熊町   棚倉町     矢祭町     塙町 相馬市 南相馬市    葛尾村 浪江町 川内村 富岡町 北塩原村 西会津町 磐梯町 二本松市 猪苗代町 喜多方市 西郷村 泉崎村 中島村

ふくしま59市町村を情熱人がリレー、希望の道をつないでいます。

私たちは「ふくしま情熱探訪~59市町村再発見の旅」を応援しています。

情熱人インタビュー

Vol.50 中島村 Nakajima

2020.11.30 Mon / ON AIR

出演者
鈴木 隆 さん / Takashi Suzuki
プロフィール
なかじま産直館KIRASSHE(きらっしぇ)館長
次世代につなぐ情熱メッセージ
私は直売所の館長として、中島村産の食材が生かせるような商品開発を、日々行っています。皆さんも、やりたいことや、自分が好きなことを存分に生かしていただいて、それが人の役に立てばいいかと思いますので、頑張ってやっていきましょう!

Vol.49 泉崎村 Izumizaki

2020.11.23 Mon / ON AIR

出演者
中野目 貴洋 さん / Takahiro Nakanome
プロフィール
豚肉専門店ノーベル マネージャー
次世代につなぐ情熱メッセージ
福島県の豚肉といえば、お客様に「夢味ポーク」っていって頂けるような、豚肉づくり、お店づくりをしていきたいというのが家族の目標であり、夢です。

Vol.48 西郷村 Nishigo

2020.11.9 Mon / ON AIR

出演者
渡辺 啓二 さん / Keiji Watanabe
プロフィール
わくわく子ども食堂 運営
次世代につなぐ情熱メッセージ
「先生を信じるな」と言いたい。先生や君たちの親もそうだけど、人に聞いても答えは無い。自分の中にしか答えは無い。子どもたちがずっと子どものままでは良くない。自立するように大人が向けていく。人に言われてやるのはロボット側。ロボットになっちゃダメだよ、と。人間らしい人間に育つためには、「人の言う事にはそんな答えないよ」と(伝えたい)。

Vol.47 喜多方市 Kitakata

2020.10.26 Mon / ON AIR

出演者
村井 法子 さん / Noriko Murai
プロフィール
株式会社江川米菓店 代表取締役
次世代につなぐ情熱メッセージ
私もその一人ですが、子育てしながら一生懸命働くお母さんたちと一緒に、120年続く「たまりせんべい」を全国、世界へPRしていきたいです。喜多方の三大お土産の一つである「たまりせんべい」で、福島県を元気にしていきたと思います。

Vol.46 猪苗代町 Inawashiro

2020.10.12 Mon / ON AIR

出演者
小林 澄子 さん / Sumiko Kobayashi
プロフィール
猪苗代町 地域おこし協力隊員
次世代につなぐ情熱メッセージ
猪苗代町の中ノ沢温泉という温泉地で生まれ、育まれた中ノ沢こけしを、これからも長く愛され守られる伝統文化として愛情をもって制作し守っていけるよう修行をしていきたいと思います。

Vol.45 二本松市 Nihonmatsu

2020.10.5 Mon / ON AIR

出演者
渡辺 アイ子 さん / Aiko Watanabe
プロフィール
一般財団法人二本松菊栄会 菊師
次世代につなぐ情熱メッセージ
二本松の菊人形は伝統がある。この伝統を、どうやって守っていったら良いか。それにはやはり自分なりの想いもあるし、後輩には優しく、何度でも何度でも覚えるまで、繰り返し繰り返し、「1回聞いたら教えない!」ではなく、納得できるまでとことん教えたい。 私は後継者を育てるために文章を作っている。分からないときはその文章を見ながらいつでもできるようにして、なんとかして菊人形を後の代まで続けていって欲しいなと思う。 後継者の皆さんには立派に頑張っていって欲しい。私もそのためには一生懸命に教えてあげたいと思う。二本松の誇りですから。

Vol.44 磐梯町 Bandai

2020.9.28 Mon / ON AIR

出演者
吉村 和也 さん / Kazuya Yoshimura
鈴木 翼 さん / Tsubasa Suzuki
佐藤 栄祐 さん / Eisuke Sato
プロフィール
ばんだいジオファーマーズ
次世代につなぐ情熱メッセージ
コロナ禍などの環境衛生面の変化や、生活スタイルの変化で、さらに人と人の関係が希薄になっている。こんな世の中だからこそ未来を担う子ども達は、農業を通して自然を感じ、土に触れ、人と繋がることがとても大事だと考えています。ばんだいジオファーマーズは、そんな思いで活動していきますので、今後とも応援よろしくお願いします。

Vol.43 西会津町 Nishiaizu

2020.9.14 Mon / ON AIR

出演者
長谷川 なぎさ さん / Nagisa Hasegawa
プロフィール
西会津町振興公社 温泉健康保養センター ロータスイン レストラン會Wase 料理長
次世代につなぐ情熱メッセージ
素晴らしい自然、紅葉、温泉、秋の味覚、コーヒー、スィーツなど魅力盛り沢山の西会津へ、ぜひお越しください。

Vol.42 北塩原村 Kitashiobara

2020.9.7 Mon / ON AIR

出演者
友坂 優毅 さん / Yuki Tomosaka
プロフィール
北塩原村 地域おこし協力隊
次世代につなぐ情熱メッセージ
これから、もっともっと村の隅々まで歩き回って、地元の方では来づらいようなところをどんどん拾って、色々な方法で周りの人に発信していけたらと思っています。

Vol.41 富岡町 Tomioka

2020.8.24 Mon / ON AIR

出演者
青木 淑子 さん / Yoshiko Aoki
プロフィール
NPO法人 富岡町3・11を語る会 代表
次世代につなぐ情熱メッセージ
私たちが、今、語っている東日本大震災・原発事故っていうのは、本当に想定外の未曾有の出来事で、歴史的な重大事です。私は100年語り伝えていって欲しい事だと思っていて、それは人が生きている世代を超えるのです。それを思うと、今、話をしている私たちが、次の世代に引き継がなければいけない。そして次の世代の人たちは「自分のことじゃないから…」とか、「自分は体験してないから…」という引け目を持たずに、自分の事として充分に語っていって欲しいと思います。それを語り伝えるということに、大きな意義を見出して「やろうかな!」って思う人が増えてくれることを凄く願っています。

Vol.40 川内村 Kawauchi

2020.8.10 Mon / ON AIR

出演者
渡邉 秀朗 さん / Hideo Watanabe
プロフィール
「いわなの郷」支配人
次世代につなぐ情熱メッセージ
清流にしか生息しない幻の川魚「イワナ」を養殖し、釣りなどが楽しめる「いわなの郷」で、オープン当初からイワナの飼育・管理に励んでいます!

Vol.39 浪江町 Namie

2020.8.3 Mon / ON AIR

出演者
川村 博 さん / Hiroshi Kawamura
プロフィール
NPO法人Jin 農業部門担当
次世代につなぐ情熱メッセージ
おかげさまで全国から若い方を中心に、色々と「応援したい!」とか「地域のために頑張りたい!」という方が来てくれる。 「夢と希望」は大事だが「夢と希望」では食ってはいけない。ならば、その想いを「形」にしないとダメ。こういうところを私は、ここ(浪江町)にくる若い方には必ず言うこと。 想いは形にしないとダメ。「立派なことを言うなら、形にしてから言ってちょうだい!」という話からする。 そう意味では、若い子に被災地に興味関心を持って、あるいは勉強をしに来る方々に、ただ見聞だけではダメで、自分が何ができるかということを考えて、是非それを形にして欲しいと思う。そうするときっと、浪江だけでなく色々な地域がもっと豊かな地域になっていくと思う。

Vol.38 葛尾村 Katsurao

2020.7.27 Mon / ON AIR

出演者
下枝 浩徳 / Hironori Shitaeda
プロフィール
一般社団法人 葛力創造舎 代表理事
次世代につなぐ情熱メッセージ
これまでもそうでしたが、これからも「想像力」を大事にしていきたい。時代をみると、オンラインが進んでいて、人の繋がりが見えづらくなっているからこそ「見えないもの」を大事にして欲しいと思います。人は見えないもののために、生きていると思うので。例えば「誰かが好き」だったり、「明日」であったり…。それが信じられなくなったら、人としてさみしいので、ぜひ、そういう見えないものを想像できる人が増えたらいいなと思っています。

Vol.37 南相馬市 Minamisoma

2020.7.13 Mon / ON AIR

出演者
五賀 和雄 / Kazuo Goga
プロフィール
かしまの一本松を守る会 会長
次世代につなぐ情熱メッセージ
大震災、それをやっぱり忘れることなく語り継いでいく。 そして、復興というものに力を頂いた松でしたので、後継木として残してあるものですから、 実際にこの場所に東屋があったり、そして案内板があったりしますので、是非、足を運んで頂いて、見て頂いて、そして我々の想いっていうものが、こういうものがあったんだよと確認して頂ければ幸いだなと思います。

Vol.36 相馬市 Soma

2020.7.6 Mon / ON AIR

出演者
管野 貴拓 / Takahiro Kanno
プロフィール
相馬市松川浦観光振興グループ 事務局長
次世代につなぐ情熱メッセージ
相馬市の皆さんも、松川浦に住む我々も、本当の意味での復活を待っています。水産資源の復活ということですよね。そのためには今できることを一つずつ一生懸命に取り組んで、皆さんに楽しんで頂ける松川浦にしていきたいと思っています。 また、10月中旬には、「復興市民市場」ということで直売センター的なものをオープンします。私もその関係者の一人ですので、オープンイベントも含めて、皆さんに楽しんで頂けるコンテンツをどんどんこれから作り上げていきたいな、と思っています。

Vol.35 塙町 Hanawa

2020.6.22 Mon / ON AIR

出演者
菅野 正明 / Masaaki Kanno
プロフィール
塙町地域おこし協力隊 元プロロードレーサー
次世代につなぐ情熱メッセージ
私は、自転車は自分の力でどこまでも進める楽しい乗り物だと思います。町のこれからの取り組みで、自転車人口が増えていけば嬉しいと思います。みんな、自転車乗ろう!

Vol.34 矢祭町 Yamatsuri

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、電話インタビューにて番組を制作させて頂きました。

2020.6.8 Mon / ON AIR

出演者
大和田 達也 / Tatsuya Owada
プロフィール
矢祭町地域おこし協力隊
次世代につなぐ情熱メッセージ
「矢祭町の特産品としてだけではなく、福島県の特産品として、ラズベリーを作っていきたい思っていますので、是非、応援よろしくお願いします。

Vol.33 棚倉町 Tanagura

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、電話インタビューにて番組を制作させて頂きました。

2020.5.25 Mon / ON AIR

出演者
高橋 宏征 / Hiroyuki Takahashi
プロフィール
たなぐら応援プロジェクト委員会 委員長
次世代につなぐ情熱メッセージ
「たなぐら応援プロジェクト委員会」は「棚倉エール飯」のために設立した経緯もあったので現時点では次の企画というものは考えていないが、今回仲間たちと一緒に活動してきた経過もあったので、今後も仲間たちとチャレンジはしていきたいと思っている。 私も棚倉町へ戻って10年くらいになるが、色々な人たちと関わって、町の色々なことを知って…。 このような大変な時期に、「町のために何かしたい!」という想いから(「棚倉エール飯」は)始まったので、今後もこれをキッカケに積極的にチャレンジしていきたい。

Vol.32 大熊町 Ookuma

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、電話インタビューにて番組を制作させて頂きました。

2020.5.11 Mon / ON AIR

出演者
栗城 英雄 / Hideo Kuriki
プロフィール
おおくまキウイ再生クラブ 会長
次世代につなぐ情熱メッセージ
大熊では、一歩一歩ゆっくりではありますが、復興に向けた歩みが進んでいるところです。おおくまキウイ再生クラブでは、少しでもその歩みの力となれるよう、 机上で考えているばかりではなく、失敗を恐れずまずやってみる、そしてやりながら試行錯誤をしていくということを大切にしながら活動しています。 前例のない状況の中で、いろいろな事を想定しても限界がありますので、楽しみながら活動していくということをモットーに取り組みを続けていきたいと思います。

Vol.31 いわき市 Iwaki

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、電話インタビューにて番組を制作させて頂きました。

2020.4.27 Mon / ON AIR

出演者
佐藤 満 / Mitsuru Sato
プロフィール
NPO法人いわき鳴き砂を守る会 理事長
次世代につなぐ情熱メッセージ
鳴き砂は、自然からの貴重な贈り物です。美しい自然と現存している鳴き砂を、次の世代に引き継ぐため、 市民の皆さんと一緒に継続して、楽しく学んで行きたいと考えています。

Vol.30 福島市 Fukushima

※ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、電話インタビューにて番組を制作させて頂きました。

2020.4.13 Mon / ON AIR

出演者
渡邉 啓道 / Hiromichi Watanabe
プロフィール
福島商工会議所青年部
次世代につなぐ情熱メッセージ
(渡邉さんをはじめ、福島商工会議所青年部の皆さんが情熱を持って取り組んでこられた)古関裕而さんに関しては「朝ドラ」ともう1本、 「オリンピックの開会式で、古関さんのオリンピックマーチをもう一度、福島の若者の演奏で全世界へ鳴り響かせよう!」という想いで活動をしている。 残念ながら東京オリンピックは2021年度に延期となったが、「オリンピックマーチを開会式で鳴らす!」という夢はまだ繋がった…という風にも捉えられると思う。 朝ドラでは日本中に古関さんの存在・エールを送り、そしてオリンピックでは全世界に古関さんの存在とエールをお返しできるように頑張っていきたいと思う。

Vol.29 会津美里町 Aizumisato

2020.3.30 Mon / ON AIR

出演者
小林 章太郎 / Shotaro Kobayashi
プロフィール
新鶴ワイナリー運営 合同会社会津コシェル 業務執行社員
次世代につなぐ情熱メッセージ
ワインという文化を、会津の文化と絡めて発信できるような若い人たちが もっと出てきてくれるとうれしいなと思っています。 そのためのサポートなどを、新鶴ワイナリーを中心にして 出来たらいいなと思います。

Vol.28 広野町 Hirono

2020.3.23 Mon / ON AIR

出演者
中津 弘文 / Hirofumi Nakatsu
プロフィール
株式会社広野町振興公社 代表取締役社長
次世代につなぐ情熱メッセージ
我々としては、次の世代を担っていく子供たち、若者にどういう風に繋いでいくかということが 重要であると思っています。 そうやって先人が引き継いできた道をしっかりと歩んでいきたい。 そして、福島県の新たな魅力、元気を発信していくためには、「今でしょ!」という気持ちで、 様々なことに対応していきたいと思います。

Vol.27 白河市 Shirakawa

2020.3.9 Mon / ON AIR

出演者
班目 康平 / Kohei Madarame
プロフィール
しらかわ市民活動支援センター
次世代につなぐ情熱メッセージ
日々の生活を雑に過ごさないで、目の前にある「やること」「やらなきゃいけないこと」」「やりたいこと」を一生懸命やっていきたい。

Vol.26 伊達市 Date

2020.2.24 Mon / ON AIR

出演者
三品 清重郎 / Seijyuro Mishina
プロフィール
福島県ニット工業組合 理事長
次世代につなぐ情熱メッセージ
私が40年前にこの職についてから、作り手のニットに対する思いを、消費者の皆さんにどう 届けられるのかということを大切に思ってやってきました。作り手の顔が見えるような 「ものづくり」をして、消費者の皆さんに届けていきたいと思います。そして、これからは 持続可能な社会という意味で地球環境に優しい「ものづくり」にシフトしていければ、息の 長い産業として残っていけるのではないかと考えています。

Vol.25 本宮市 Motomiya

2020.2.10 Mon / ON AIR

出演者
安藤 進 / Susumu Ando
プロフィール
高松神社太々神楽保存会所属
次世代につなぐ情熱メッセージ
高松神社太々神楽を、孫たちが後世に伝えていってくれるというのを、はじめて聞きました。 これが本当に後世に伝えてくれれば、俺もいずれは亡くなるわけで、そうなったときは、 あの世から見守っていきたいなぁと。孫たちを本当に心強く感じた次第です。

Vol.24 小野町 Ono

2020.1.27 Mon / ON AIR

出演者
石井 友子 / Tomoko Ishii
プロフィール
郷土料理の継承に取り組む「なの花会」
次世代につなぐ情熱メッセージ
小野町はお年寄りが多くなり、若い人が少ない。若い人が残れるよう形のものを企画し、郷土料理を通して、若い人にはお年寄りが吸収するようなものを教えてもらって、 お年寄りは若い人に通ずるものを残していく…そういった活動をしたい。 「まんがこ」は一つの鍋で「美味しい!」というものであって欲しいし、これから形を変えても、アレンジしても良いので後世に残してもらいたい。

Vol.23 三春町 Miharu

2020.1.13 Mon / ON AIR

出演者・プロフィール
橋本 出 (㈱かんの屋取締役営業本部長) / Izuru HASHIMOTO (写真/左)
上遠野 江美 (㈱かんの屋三春インター店) / Emi KATOUNO (写真/中)
渡邊 真也 (㈱かんの屋企画開発室主任) / Shinya WATANABE (写真/右)
次世代につなぐ情熱メッセージ
私はよく「会社人」である前に、まず「社会人」、そして「人」としてという発言をします。やはり 何をするにしても、そこが「源」という風にとらえています。時代が経っても、本当に人との繋がりで、 時には助けてもらったり、また助けたりという場面が必ず出てきます。ですから人として大事なものを 失わないということが非常に重要だと考えております。

Vol.22 田村市 Tamura

2019.12.23 Mon / ON AIR

出演者
大野 裕明 / Hiroaki OONO
プロフィール
星の村天文台 台長
次世代につなぐ情熱メッセージ
「星に興味を持ったことで(私の)人生観も満足しています。学習するばかりじゃなく、興味をもつ入口的な天文台として、これからも進めていきたいと思っています。 『何をやったらいいかな?』と不安を持つ方は、ここ(星の村天文台)にまず来て欲しと思います。是非、天文台を活用して下さい!」

Vol.21 会津若松市 Aizuwakamatsu

2019.12.9 Mon / ON AIR

出演者
長谷川 純一 / Junichi HASEGAWA
プロフィール
人と種をつなぐ会津伝統野菜 会長
次世代につなぐ情熱メッセージ
何百年も続いてきた種というのは、我々の先祖がしっかり繋いできた、大切な種でもあります。 それが残ってきたからこそ、「会津の食の良さ、豊かさ」というのが、今後とも増えることを信じて、 また、若い世代や子どもたちに愛されるような野菜づくりを通して、魅力ある会津の一助になれるよう活動していきたいです。

Vol.20 郡山市 Koriyama

2019.12.2 Mon / ON AIR

出演者
遠藤 喜敬 / Yoshitaka ENDO
プロフィール
有限会社郡山アグリサービス 代表取締役社長
次世代につなぐ情熱メッセージ
私は人のつながりが一番大事だと思っています。人から色々刺激を受けたりして、今の自分がいると 思います。友達を大切にして、人のつながりの中で地元を活性化していけたらと思います。

Vol.19 昭和村 Showa

2019.11.25 Mon / ON AIR

出演者
橋本 浩寿 / Koji HASHIMOTO (写真/右)
海野 正輝 / Masaki UMINO (写真/左)
プロフィール
株式会社SATORU (体験型宿泊施設SHARE BASE 昭和村)
次世代につなぐ情熱メッセージ
橋本浩寿さん:SATORUを通して、多くの夢をもっている若い方々を応援出来るようにしたい。
海野正輝さん:こういうことをやりたいという人達の支援というか、応援できるような存在になりたい。

Vol.18 金山町 Kaneyama

2019.11.18 Mon / ON AIR

出演者
目黒 祐一 / Yuichi MEGURO
プロフィール
企業組合おく愛ズ 理事長・本屋食堂玉小前 店主(金山名物「姫ます寿司」生みの親)
次世代につなぐ情熱メッセージ
「金山町に来たら『ここには沼沢湖っていうのがあって、ヒメマスっていう美味しい魚がいるんだよね。 帰りには、姫ます寿司買って行きたいね!』と、なってくれればと。今は限定数しか作れませんが、 早くもっと出荷できるような体制になってくれればと思っています。」

Vol.17 三島町 Mishima

2019.11.11 Mon / ON AIR

出演者
今井 隆子 / Takako IMAI
プロフィール
タカコモンズ株式会社 代表取締役・ゲストハウス「一棟貸ヴィレッヂ」経営
次世代につなぐ情熱メッセージ
自分が何か新しいことをやりたいと思ったら、まずやってみましょう!そうすれば周りの人も色々助けてくれるし、 自分が気付かなかった自分の可能性が色々見えてくると思います。私が好きな三島町を、一人でも多くの方に知って欲しいと思います。 ぜひ一度こちらに来て、泊まって色々お話しましょう!そしてここが好きになったら、ぜひ移住して一緒にこの町を盛り上げていけたら いいなと思っています。お待ちしています。

Vol.16 鮫川村 Samekawa

2019.10.28 Mon / ON AIR

出演者
森 康治 / Koji MORI
プロフィール
モトパーク森 代表
次世代につなぐ情熱メッセージ
「(今後の鮫川村を)イベントなどで盛り上げるのはもちろんですが、(今回の台風19号で)ライダーやその家族、実家が床上浸水など、被災している中でも、 今回の「うまいもの祭り」のように、『鮫川でイベントやる』となると、実際に飛んだ12名程のライダーや、そのほかでスタッフなど20名くらい集まってくれました。 鮫川を盛り上げよう、福島を盛り上げよう、日本を盛り上げよう!という考えで集まってくれます。ライダー自身も一生懸命ボランティアも行いますしね。 そのような、ちゃんとした礼儀正しい子どもを作っていきたいです。 ライダーは華やかに飛んでいますが、それまでの苦労しているところなど、鮫川にきて頂けると練習風景などを見られますので、彼らが一生懸命やっている姿を見てもらえればと思います。」

Vol.15 天栄村 Tenei

2019.10.21 Mon / ON AIR

出演者
松崎 祐行 / Hiroyuki MATSUZAKI
プロフィール
松崎酒造 専務 蔵元杜氏
次世代につなぐ情熱メッセージ
お酒「廣戸川」を通して、天栄村の「水」、そして「空気」を感じていただき、 そして、天栄村は米どころですので、食事との相性も良く、しっかり食事の素材の味わいを お酒で高めていけるような、そういった日本酒を造っていければいいなと思います。

Vol.14 鏡石町 Kagamiishi

2019.10.14 Mon / ON AIR

出演者・プロフィール
関根 大真 / Hiromasa SEKINE (写真/右)
 県立岩瀬農業高等学校 生物生産科3年
内山 夢叶 / Yumeka UCHIYAMA (写真/中央)
 県立岩瀬農業高等学校 生物生産科3年
赤崎 直樹 / Naoki AKASAKI (写真/左)
 県立岩瀬農業高等学校 教諭 生物生産科 作物担当
次世代につなぐ情熱メッセージ
【関根さんから学校の後輩たちへのメッセージ】
先輩方の積み上げてきた伝統をこれからも引き継いで、岩瀬農業高校をもっと活性化していって欲しいです。
【内山さんからのメッセージ】
地域の子どもたちに「農業は楽しい!」と言ってもらえるような農業をやっていけたらいいなと思います。

Vol.13 大玉村 Ootama

2019.9.30 Mon / ON AIR

出演者
遠藤 史貴 / Takahumi ENDO
プロフィール
公益財団法人ふくしまフォレスト・エコ・ライフ財団
次世代につなぐ情熱メッセージ
森からの距離が離れてしまっていて、「自然が嫌だなぁ」と思われる方が多いなかで、 どのようにしたら自然と仲良くなれるのかということを、今後皆さんと一緒に考えながら、 色々なイベントや施設整備が出来たら良いなと思っています。

Vol.12 川俣町 Kawamata

2019.9.23 Mon / ON AIR

出演者
本間 英太 / Eita HONMA
プロフィール
福島県立川俣高等学校 フェンシング部 3年生
次世代につなぐ情熱メッセージ
フェンシングは人と人とが対面して戦う競技。友達関係と一緒で、上手くいかないこともある。 相手と剣を交えても、相手が思うつぼにならない時もあるが、そこが楽しい。練習が終わった後に自分で考えて、 次の試合で試してみる。試して、試して…最後は大会でそれが使える。そこの達成感が一番強い。それが「情熱」。是非、自分の試合を観に来て欲しい!

Vol.11 国見町 Kunimi

2019.9.9 Mon / ON AIR

出演者
笠松 金次 / Kinji KASAMATSU
プロフィール
国見町文化財ボランティア案内ガイド・国見町文化財センター あつかし歴史館 歴史文化資料調査員
次世代につなぐ情熱メッセージ
子どもたちが大人になって町を離れても、国見町の歴史や風土を胸を張って語り、歴史を未来に語り継いで欲しいと思っています。

Vol.10 桑折町 Koori

2019.8.26 Mon / ON AIR

出演者
後藤 哲男 / Tetsuo GOTO
プロフィール
桑折町の桃農家
次世代につなぐ情熱メッセージ
農業全般に後継者がだんだん少なくなっている中だが、献上桃はずっと続くと思う。それに恥じない桃を生産する!という、桑折の全体のレベルアップ(を図りたい)。 また、良い品種があるので「あかつき」にこだわらず、美味しい品種が出たら植えて「桑折の桃は美味しいんだ!」とPRしていって頂ければ、と思う。

Vol.9 南会津町 Minamiaizu

2019.8.19 Mon / ON AIR

出演者
馬場 相任 / Souzin BABA
プロフィール
南郷トマト生産組合 理事
次世代につなぐ情熱メッセージ
農業をやりたいという若者が増えればいいなと思っています。 南郷トマト栽培で暮らしていけるというお手本に、自分自身がなれればいいかなと。 これまで以上に地元生産者のみんなと切磋琢磨して、南郷トマト栽培をしていきたい。

Vol.8 須賀川市 Sukagawa

2019.8.12 Mon / ON AIR

出演者
酒井 ゆうじ / Yuji SAKAI
プロフィール
怪獣造形師
次世代につなぐ情熱メッセージ
最初にこのシーンを作りたいと思ったこと、それは最後まで貫き通すことが大事だと思います。 また、どうしても作っている時に迷うのですが、その時に、そこでやめないで、あと5分、10分、 ちょっと頑張ってみようと…、私の場合その連続なので…。それ結構大事だと思います。

Vol.7 只見町 Tadami

2019.7.29 Mon / ON AIR

出演者
酒井 治子 / Haruko SAKAI
プロフィール
只見線地域コーディネーター
次世代につなぐ情熱メッセージ
私にとって「只見線」は故郷の形の一つだと思っています。私は次の世代に只見線を残したいと思っていますが、 それぞれ皆さん、残したいもの・受け継ぎたいものがあると思いますので、自分なりの「故郷に残していきたいもの」 というのを見つけられると良いかなと思います。

Vol.6 檜枝岐村 Hinoemata

2019.7.22 Mon / ON AIR

出演者
星 昭仁 / Akihito HOSHI
プロフィール
檜枝岐歌舞伎 千葉之家花駒座 11代目座長
次世代につなぐ情熱メッセージ
これだけ長く伝統文化を続けているので、我々も一生懸命努力しながら残していきたいと思います。 歌舞伎に興味のある方は地元でも、それ以外の地域でもいいので一度入座してもらいたいと思います。 座員も多い方が活気もあると思うし、これから歌舞伎を残していくためにも宜しくお願いします。

Vol.5 下郷町 Shimogou

2019.7.8 Mon / ON AIR

出演者
渡部 一 / Hajime WATANABE
プロフィール
會舞道よさこいチーム郷人 代表
次世代につなぐ情熱メッセージ
よさこいは、人に何かを与えられる人間になることが出来るんです。小学1年生でも、低学年でも、 よさこいで人に元気を伝えられるとか。そういったことが、社会人になった時に、すごく役に立つのではないかと。 ただ単に、よさこいが楽しいからやるのではなくて、「よさこい 凄いね!」と言われるように、よさこい人が、 社会の先頭になって歩くみたいな。日頃から「自分で出来ることを、人にやってあげられる」というデッカイ気持ちになって、 大人になっていくことがカッコイイじゃないのかな。

Vol.4 柳津町 Yanaizu

2019.6.24 Mon / ON AIR

出演者
杉原 啓輔 / Keisuke SUGIHARA
プロフィール
道の駅 会津柳津駅長
次世代につなぐ情熱メッセージ
赤べこで町を興していければと思う。ただ、急いでできるものではないので、赤べこのよう、一歩一歩、着実に前進していければ。 柳津町は自分の故郷。虚空蔵様というお寺があって、故郷で信仰があって…。この町に住んでいて自分が「素敵だな」と思っている。 全国の皆さんに来て頂ければな…と、そんな思いを持っている。小さな子どもさんからお年寄りの方まで柳津に来て頂いて、ちょっと心が和んで頂ければ。 特に小さいお子さんが赤い牛(べこ)に触れて頂いて、着実にこれから楽しい人生を進んでいけるような、そんなことを思って頂けるような町になったら本当に良いと思う。

Vol.3 湯川村 Yugawa

2019.6.10 Mon / ON AIR

出演者
兼子 光右 / Kousuke KANEKO
プロフィール
勝常区活性化対策委員会代表
次世代につなぐ情熱メッセージ
とにかく自分で出来る限りのことは頑張る!それを見ていた人たちが、それぞれの特色を生かしながら、村づくり、地域づくりに励んでくれれば、 より一層大きな力になって、勝常区をはじめ、湯川村全体がよくなっていくものだろうと、私は夢を持って期待しています。

Vol.2 会津坂下町 Aizubange

2019.5.27 Mon / ON AIR

出演者
折笠 葵 / Aoi ORIKASA
宮城 圭介 / Keisuke MIYAGI
荒井 悠真 / Yuma ARAI
プロフィール
福島県立会津農林高等学校 相撲部 3年生
次世代につなぐ情熱メッセージ
会津には相撲部がある学校が少ない。そんな中でも自分で「相撲がやりたい!」と言って、やってくれている子もいる。 自分たち(会津農林高校・相撲部)も、来てくれる子たちにはどんどん教えるので、教えてもらったことを活かして欲しい。 小学生など試合に勝つと喜んでいたりするので、そのことを忘れないで、会農相撲部に入ってくれれば次の世代にどんどん繋がっていくかな、と思う。 (宮城圭介さんの情熱メッセージ)

Vol.1 楢葉町 Naraha

2019.5.13 Mon / ON AIR

出演者
西 芳照 / Yoshiteru NISHI
プロフィール
サッカー日本代表専属シェフ 株式会社DREAM24代表 Jヴィレッジ元総料理長
次世代につなぐ情熱メッセージ
あきらめちゃいけない、逃げ出しちゃいけない、一人の力じゃどうにもならないかもしれないけども、諦めないでいる人が何人か集まれば、少しずつ大きな輪になって、大きな波になっていくと思います。 この震災を乗り越えてきたんですから、これからの試練もみんなで乗り越えて、自分のため、地域のため、福島のために、頑張っていきましょう。