まん延防止等重点措置(9月30日まで)

ラジオ福島公式Twitter では新型コロナウイルス感染症に関する情報を発信しています。

目 次

最新陽性者・内訳 最新陽性者・居住地別 陽性者数推移 病床使用率 直近1週間の状況 第4波・第5波中等症以上患者の年代別割合比較 ワクチン接種後の感染事例 陽性者1週間比較 亡くなった方 ワクチン接種状況 福島県内の最新感染動向 感染者発生状況(福島県) 感染者数カレンダー 市町村別感染者数 感染者月別推移 感染者日別累計 年齢別感染者数 感染者市町村分布 コールセンター 発熱外来病院マップ 新しい生活様式 注意すべき緊急性の高い13の症状 ご家庭でのごみの捨て方 リンク集
福島県非常事態宣言

福島市における「まん延防止等重点措置」を実施(8月26日〜9月30日)

郡山市における「まん延防止等重点措置」を実施(8月23日〜9月30日)

いわき市における「まん延防止等重点措置」を実施(8月8日〜9月30日)

  1. 特措法施行令第5条の5各号に規定されている感染対策の実施
    (・従業員に対する検査を受けることの勧奨 ・入場者の感染防止のための整理及び誘導 ・発熱その他の症状のある者の入場の禁止 ・手指の消毒設備の設置 ・事業所の消毒 ・入場者に対するマスクの着用その他の感染の防止に関する措置の周知 ・正当な理由なくマスクの着用等の感染防止措置を講じない者の入場の禁止(退場も含む) ・施設の換気を行う ・アクリル板等の設置又は1m以上の距離の確保)
  2. 不要不急の外出自粛
  3. 都道府県をまたぐ旅行・帰省などの原則中止又は延期
  4. 延床面積1,000㎡超の大規模商業施設や百貨店の地下食品売り場等は、入場者が密集しないよう、整理誘導、人数管理・制限等の対策の実施(営業時間は午前5時から午後8時まで、営業時間短縮に伴う協力金 を支給、1,000㎡あたり20万円×時短割合(1日あたり))
  5. 夜8時以降、飲食店などにみだりに出入りしない
  6. 営業時間の短縮(営業時間午前5時〜午後8時・飲食店営業許可を受けた店舗)
  7. 酒類の提供の自粛(終日)
  8. カラオケ設備の利用自粛(終日)
  9. 【営業時間の短縮に応じていただいた場合】 協力金を支給 (1日当たり3万円~(売上高に応じて))
  10. 相談窓口 いわき地区協力金コールセンター 電話024-521-8562(受付時間午前9時~午後5時)
  11. まん延防止等重点措置の影響緩和に係る月次支援金については https://ichijishienkin.go.jp/

いわき市を除く58市町村における県独自の集中対策(8月8日〜9月30日)

  1. 不要不急の外出自粛
  2. 都道府県をまたぐ旅行・帰省などの原則中止又は延期
  3. 夜8時以降、飲食店などにみだりに出入りしない
  4. 営業時間の短縮(営業時間午前5時〜午後8時・飲食店営業許可を受けた店舗のうち、接待を伴う飲食店と酒類を提供する飲食店)
  5. 酒類の提供は、午前11時~午後7時
  6. 店舗や施設の感染防止対策の徹底
  7. 【営業時間の短縮に応じていただいた場合】 協力金を支給 (1日当たり2.5万円~(売上高に応じて))
  8. 相談窓口 協力金コールセンター 電話0024-521-8575(受付時間午前9時30分~午後5時30分)

感染リスクが高まる「5つの場面」に気を付けましょう。

  1. 飲酒を伴う懇親会等
  2. 大人数や長時間におよぶ飲食
  3. マスクなしでの会話
  4. 狭い空間での共同生活
  5. 居場所の切り替わり

第5波に最大限の警戒をしましょう。感染力の強いデルタ株の特徴は・・・

  1. 感染力が強い。
  2. 入院リスクが高い。
  3. ワクチンの効果を弱める。

陽性者数推移

病床使用率

ステージ3(感染者急増)

27.6%(9月16日現在)

  1. 8月18日、いわき市に40床増床し、病床数は637床に。

直近1週間の状況(9月10日~9月16日)

療養者数(264名/18.46) 新規感染者数(164名/18.46)
14.30名 8.88名
  1. 福島県の人口を1,846千人で比率計算。
  2. 療養者数では人口10万人あたり「30名以上」でステージ4。
  3. 新規感染者数では人口10万人あたり「25名以上」でステージ4。
  4. 療養者数では人口10万人あたり「20名以上」でステージ3。
  5. 新規感染者数では人口10万人あたり「15名以上」でステージ3。

第4波・第5波中等症以上患者の年代別割合比較

  1. 第5波:7/26~8/8(2週間)の新規陽性者 n(サンプル数)=325名
  2. 第4波:4/26~5/9(2週間)の新規陽性者 n(サンプル数)=232名
  3. 第5波は、第4波に比べ高齢層で減少した一方、若年層・中年層で大幅に増加。
  4. 2021.8.27 福島県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議資料。

ワクチン接種後の感染事例

  1. 本県の7月以降の陽性者2,272名(7/1~8/13)のうち、ワクチン接種後に感染が 確認された事例:153例。
  2. このうち、ワクチン2回目接種後14日間が経過した後に感染した事例が23例確認された。うち中等症が4例。
  3. ワクチンにより免疫を獲得したと考えられる期間を過ぎても、感染及び発症するリスクあり。
  4. 県内の事例数は少ないがワクチン接種後14日間経過後に感染及び発症した場合の重症度は低い傾向がみられることから、ワクチンによる重症化抑制効果が期待される。
  5. 2021.8.27 福島県新型コロナウイルス感染症対策本部員会議資料。

陽性患者1週間比較

最新陽性者・内訳

9月16日現在(9月17日発表分)

入院者 入所者 自宅療養者 療養先調整中 退院者 退所者 自宅療養解除者 合 計 重症者
176 39 39 10 5,568 1,829 1,679 9,340 7

前日比

入院者 入所者 自宅療養者 療養先調整中 退院者 退所者 自宅療養解除者 合 計 重症者
-20 -3 -10 +5 +33 +6 +5 +16 +1

病床使用率

病床使用率(176床/637床) 重症者対応病床使用率(7床/49床)
27.6% 14.3%

最新陽性者・居住地別

9月16日 16名確認 (9月17日発表分)


  1. 郡山市3名
  2. いわき市3名
  3. 田村市3名
  4. 須賀川市2名
  5. 西郷村2名
  6. 白河市1名
  7. 中島村1名
  8. 県外1名

亡くなった方 173名 ※ 死亡率(死亡者数/累計感染者数)1.9%

ワクチン接種状況・福島県発表

接種実績【累計】(単位:回)9月8日現在

全体(約171万人・12歳以上) うち高齢者(約58万人)
2,075,986 1,057,726

うち1回目接種

全体(約171万人・12歳以上) うち高齢者(約58万人)
1,137,476(67.1%) 533,740(91.6%)

うち2回目接種

全体(約171万人・12歳以上) うち高齢者(約58万人)
938,510(55.4%) 523,986(89.9%)
  1. 「全体」は、「医療従事者」「高齢者施設従事者」のワクチン接種円滑化システム (V-SYS)(17時時点)の情報を集計したものと、ワクチン接種記録システム(VRS)の情報を集計したものを合算したもの。「うち高齢者」は、ワクチン接種記録システム(VRS)の情報を集計したもの。
  2. 「想定される対象者数」の「うち高齢者」の約58万人には「医療従事者」「高齢者施設従事者」を含むが、「うち高齢者」の接種回数には「医療従事者」「高齢者施設従事者」を含まない。
  3. 国の公表がワクチン接種者「全体」及び「うち高齢者」のみとなったため、国に準じた区分に切り替えた。
  4. 医療従事者等優先接種開始日 2021年3月4日(木)
  5. 高齢者等接種開始日 2021年4月12日(月)

コールセンター

福島市新型コロナワクチン接種コールセンター
平日9:00~19:00
024-573-1181

福島県受診・相談センター
平日・休日問わず24時間対応
0120-567-747

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
9:00~21:00(土日・祝日も実施)
0120-761-770 ※2月15日9時より設置

福島県一般相談コールセンター
平日8:30~21:00/土日祝日8:30~17:15
0120-567-177

福島県一般相談・耳の不自由な方はファックスでご連絡をお願いします。
024-521-7926

感染者やご家族、関係者への偏見や差別、誹謗中傷は慎みましょう。
福島県誹謗中傷被害相談窓口
024-521-8647
9時~17時、土日祝日を除く

陽性患者数カレンダー(2020.8.1以降掲載)

市町村別感染者数

※ 下記の市町村別の累計感染者数は福島県発表のデータを反映しております。発表後の訂正や変更により、一部市町村発表の数と違いがある場合がございます。ご了承ください。





福島県内での新型コロナウイルス感染確認市町村分布マップ ●感染確認56市町村/59市町村

福島県内の発熱外来設置病院マップ

感染者数の月別推移

感染者合計数推移

年齢別感染者数グラフ

専門家会議が提唱した「新しい生活様式」の実践例

一人一人の基本的感染対策

感染防止の3つの基本
①身体的距離の確保②マスクの着用③手洗い

  1. 外出時、屋内や会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用
  2. 遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ
  3. 人との間隔は、できるだけ2メートル (最低1メートル)空ける
  4. 会話をする際は、可能な限り対面を避ける
  5. 家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替え、シャワーを浴びる
  6. 手洗いは30秒程度かけて水とせっけんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)

移動に関する感染対策

  1. 感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える
  2. 帰省や旅行は控えめに。出張はやむを得ない場合に
  3. 発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモしたり、スマホの移動履歴をオンにしたりする
  4. 地域の感染状況に注意する

日常生活を営む上での基本的生活様式

  1. まめに手洗い、手指消毒
  2. せきエチケットの徹底
  3. こまめに換気
  4. 身体的距離の確保
  5. 「3密」(密集、密接、密閉)の回避
  6. 毎朝家族で体温測定、健康チェック。発熱または風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養
  7. 屋内や会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用

日常生活の各場面別の生活様式

買い物

  1. 通販も利用
  2. 1人または少人数ですいた時間に
  3. 電子決済の利用
  4. 計画をたてて素早く済ます
  5. サンプルなど展示品への接触は控えめに
  6. レジに並ぶときは、前後にスペース

娯楽、スポーツ等

  1. 公園はすいた時間、場所を選ぶ
  2. 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  3. ジョギングは少人数で
  4. すれ違うときは距離をとるマナー
  5. 予約制を利用してゆったりと
  6. 狭い部屋での長居は無用
  7. 歌や応援は、十分な距離かオンライン

公共交通機関の利用

  1. 会話は控えめに
  2. 混んでいる時間帯は避けて
  3. 徒歩や自転車利用も併用する

食事

  1. 持ち帰りや出前、デリバリーも
  2. 屋外空間で気持ちよく
  3. 大皿は避けて、料理は個々
  4. 対面ではなく横並びで座ろう
  5. 料理に集中、おしゃべりは控えめに
  6. お酌、グラスやおちょこの回し飲みは避けて

冠婚葬祭などの親族行事

  1. 多人数での会食は避けて
  2. 発熱や風邪の症状がある場合は参加しない

働き方の新しいスタイル

  1. テレワークやローテーション勤務
  2. 時差通勤でゆったりと
  3. オフィスはひろびろと
  4. 会議はオンライン
  5. 名刺交換はオンライン
  6. 対面での打ち合わせは換気とマスク着用

注意すべき緊急性の高い13の症状 (※は家族等が以下の項目を確認した場合)

  1. 顔色が明らかに悪い ※
  2. 唇が紫色になっている
  3. いつもと違う、様子がおかしい ※
  4. 息が荒くなった(呼吸数が多くなった)
  5. 急に息苦しくなった
  6. 生活をしていて少し動くと息苦しい
  7. 胸の痛みがある
  8. 横になれない。座らないと息ができない
  9. 肩で息をしている
  10. 突然(2時間以内を目安)ゼーゼーしはじめた
  11. ぼんやりしている(反応が弱い) ※
  12. もうろうとしている(返事がない)※
  13. 脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

ご家庭でのごみの捨て方

新型コロナウイルス感染防止のために日常生活で気を付けること【下記から音声でもお聴き頂けます】