令和3年度歩行者セーフティ『ピカッと守る・ふくしま運動』の実施について

 福島県警察では、今年度も8月1日から来年1月31日までの半年間、夜間の高齢歩行者被害の交通事故を防止するため、歩行者セーフティ『ピカッと守る・ ふくしま運動』を実施します。この運動は、各警察署・各分庁舎がそれぞれの管内でモデル地区を選定し、同地区内を重点として夜間の交通事故防止に効果が高い反射材用品等の着用を促す 施策を推進するもので、今回で3回目となります。

2021年「交通事故」発生状況

発生件数 死者数 うち高齢者 けが人数
2,312 38 21 2,664
前年同期比
発生件数
前年同期比
死者数
前年同期比
うち高齢者
前年同期比
けが人数
- 309 - 5 - 2 - 447

2021.10.24現在

 ラジオ福島では、2018年4月から「rfc ZERO FUKUSHIMA 交通事故・飲酒運転撲滅キャンペーン」を展開しています。福島県警察本部から「交通安全サポーター」に委嘱された全アナウンサーが放送とSNSを通して、交通事故と飲酒運転の撲滅を毎日呼びかけています。

♯8080(シャープハレバレ)

 全国的に統一された4桁の専用ダイヤルを福島運転免許センターに設置することにより、病気等によって運転に不安を感じる運転者やその家族等が安心して相談できる環境を整備するとともに、必要な情報の提供、助言その他の措置を講ずることによって、安全運転支援を推進してまいります。

全国統一番号
♯8080(シャープハレバレ)※ 福島運転免許センター(2回線設置)につながります。
受付時間
午前8時30分から午後5時15分まで(土日・祝日を除く)
相談への対応
相談者からの相談に関し、次に掲げる対応を行うこととします。
○ 一定の病気等に係る運転免許取得や継続の可否に関する情報の提供
○ 安全運転の継続に必要な助言、指導
○ 申請による運転免許の取消し(自主返納)制度等の教示
一定の病気とは?
幻覚の症状を伴う精神病(統合失調症)、発作により意識障害等をもたらす病気(てんかん等)、安全な運転に支障を及ぼすおそれがある病気(そううつ病等)、認知症等のことです。