「夜ノ森の桜保全基金」第一回寄贈式を2014年12月5日に行いました

桜舞う町でCDジャケット

郡山市の富岡町復興支援センター「おだがいさまセンター」から放送されている「おだがいさまFM」。 県内外に避難を余儀なくされていらっしゃる町民の皆さまの心にふるさとを共有できる歌を作れないかとの 思いから、おだがいさまセンター、㈱ラジオ福島、山佐㈱による「富岡町復興応援ソングプロジェクト」が 発足しました。

普天間かおりさんと村井敏朗さんによる楽曲制作が2012年11月、郡山市富田町若宮前応急仮設住宅で 開催された「ちっちゃなえびす講市」からスタート、各仮設住宅からふるさとの思い出を募集、それをもとに 普天間さんが詩をつくり、村井さんの曲にのせて、楽曲「桜舞う町で」が完成し、震災から丸2年を前にした 2013年3月2日、「桜舞う町で」が発表されました。 ラジオ福島のホームページからの楽曲の無料ダウンロードは2万件を達成、全国のラジオ局での放送など、 多くの反響をいただき、2014年3月「チャリティCD」の販売及びカラオケ配信等を開始しました。CD販売等による収益金は 全額「夜ノ森の桜保全基金」(夜ノ森の桜保全基金実行委員会/山佐㈱・㈱クオラス・㈱福島民報社・㈱ラジオ福島)を通して、富岡町の桜の保全に役立てられます。

2014年12月5日(金)富岡町役場にて第一回寄贈式を実行委員会委員と作詞・歌唱者の普天間かおりさん立会いのもと行い、宮本皓一富岡町長に実行委員会を代表して弊社小峰俊一取締役放送本部長より桜保全支援金として50万円を 寄贈させていただきました。ご協力を頂きました皆さま、誠にありがとうございました。

富岡町社協から山佐㈱様へ感謝状の贈呈

宮本町長へ基金を寄贈

また、席上、富岡町社会福祉協議会長でもある宮本町長から、富岡町への多々の復興支援活動に対して、山佐株式会社様に感謝状が贈呈され、代表して同社広告宣伝部 副部長 大沼隆之様がお受け取りになられました。

● 販売価格 税込 1,000円 (エスプロレコーズ)/Amazon価格 1,000円

● 収録内容
①普天間かおり/村井敏郎 ②村井敏郎 ③普天間かおり ④女性用オリジナルカラオケ ⑤男性用オリジナルカラオケ