弊社では「通りゃんせ基金キャンペーン」寄贈品検討委員会を8月3日(木)福島市のスタジオで開催。検討委員6名とオブザーバー1名が出席し、厳正な審査を行い、13団体に教育・福祉機器を贈呈することを決定しました。 昨年11月から今年1月までの3ケ月間のキャンペーン期間に寄せられた募金6,649,547円を財源に、音の出る信号機や教育・福祉機器を寄贈するものです。

<寄贈品検討委員会構成団体>
  • 福島県保健福祉部障がい福祉課 課長 三浦 爾 様
  • 社会福祉法人福島県社会福祉協議会 事務局長 熊川恵子 様
  • 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会 会長 阿曽幸夫 様
  • NPO法人にじの会 会長 加藤三保子 様
  • 福島県ロービジョンネットワーク 世話人代表 八子恵子 様
  • <オブザーバー>福島県警察本部交通部交通規制課 山田 学 様
  • 株式会社ラジオ福島 常務取締役 丹治睦夫

<寄贈団体>

「音の出る信号機」を「本宮市本宮第1分団屯所前交差点」に、 「高齢者・視覚障がい者用LED付音響装置」を「福島市入江町福島赤十字病院北側交差点」に設置します。 また、「音声案内装置」を設置することも決定しました。(設置場所検討中)
寄贈団体は下記の通りです。
  • 公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会
  • 福島県点字図書館
  • 福島県立視覚支援学校
  • 福島県ロービジョンネットワーク
  • 特定非営利活動法人 にじの会
  • 就労継続支援 さぎそうの家
  • 一般社団法人シャローム福祉会 まちなか夢工房
  • 放課後等デイサービス わんぱく、もりの家
  • H.E.L.P. (ダウン症の親と子の会)
  • 福島地区交通安全協会岡山支部
  • ハッピーテラス郡山緑町教室
  • 特定非営利活動法人 ふよう土2100
  • 社会福祉法人 甲子の里福祉会 (順不同・敬称略)