通りゃんせ基金キャンペーンがスタートしたのは昭和52年。
以来37回にわたるキャンペーンで寄せられた募金の総額は約4億8,000万円に上り、 その浄財は累計156基の「音の出る信号機」をはじめ県内の目や体の不自由な方々へ数多くの福祉機器を寄贈するために役立てられています。 このキャンペーンが県内に着実に根をおろし、その愛の輪を大きく広げることができましたのも、ひとえに県民の皆様の深いご理解と温かなご支援の賜物と、 あらためて御礼申し上げます。

通りゃんせ基金キャンペーンは今回で38回。
さらに、より多くの方々に参加いただける福祉事業となるよう努力して参ります。 11月1日から1月31日までの3ヶ月間にわたるキャンペーン中は、関連イベントを実施するほか、県内各地で様々な募金活動を展開してまいります。 また、12月24日正午から25日正午までの24時間放送「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」では、スタッフ一同募金を呼びかけ、多くの皆さまから募金へのご協力を頂きました。ありがとうございました。 県内の目や体の不自由な方々への通りゃんせ基金キャンペーンは2015年1月31日まで展開しております。皆様の一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

●12月25日11:55現在募金額 5,223,860円






募金を直接お持ち頂く場合  ラジオ福島 スタジオ郡山総支社いわき支社若松支社募金箱設置協力店・団体
募金をお振込み頂く場合  東邦銀行通りゃんせ基金口座 ※東邦銀行本店・各支店に手数料無料の振込用紙がございます。
実施期間  2014年11月1日(土)~2015年1月31日(土) 3ケ月間
主  催  ラジオ福島、全国ラジオ・チャリティー・ミュージックソン実行委員会
後  援  内閣府、文部科学省、厚生労働省、国土交通省、警察庁、全日本交通安全協会、全国社会福祉協議会
協  力  福島県、福島県警察本部、福島県交通安全協会、福島県社会福祉協議会、福島民報社
参加放送局  ラジオ福島、STVラジオ、青森放送、IBC岩手放送、ニッポン放送、ラジオ大阪、和歌山放送、中国放送、西日本放
 送、九州朝日放送、ラジオ沖縄 (以上11局)




ラジオ福島では、訪問・電話・電子メールで募金を勧誘することは一切ございません。また、街頭などで募金活動する際は「通りゃんせ基金 専用募金箱」やラジオ・チャリティー・ミュージックソン「ポスター」・「のぼり旗」を掲示して行います。万一、疑わしい募金の依頼等がございましたら、必ずお問合せください。 ●お問合せ先  024-535-3333 ラジオ福島スタジオ (編成局)
ページのトップに戻る