あの日から、まもなく10年。

 ラジオ福島、ふくしまFM、NHK福島放送局では、現在「わたしたちの"物語"」と題した手紙やメッセージを募集しています。東日本大震災からまもなく10年を迎えます。突然の別れで伝えられなかった言葉、支えてくれた誰かへの感謝、未来のために残しておきたい記憶・・・・あなた自身の心の中にあるかけがえのない物語をいま、手紙やメッセージにしたためてお送りください。 いただいたあなたの“物語”は、ラジオ福島をはじめ、ふくしまFMやNHKの放送、朗読会、展示会、ホームページなど、さまざまな機会を通じて、より多くの人に届けます。尚、他局での公開にあたっては、投稿者の了承を得ることを原則と致します。
「あれからと これからと」を共に生きるみんなが、何かを分かち合い、勇気づけられる・・・、そんなお手紙・メッセージをお待ちしています。下記の「投稿フォーム」からお寄せください。また、郵送でも受け付けております。

 郵送先
〒960-8655 福島市下荒子8 ラジオ福島「わたしたちの"物語"」係
※お名前、住所、連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)を明記してください。こちらから連絡する場合がございます。

 対 象
 福島県にいま住んでいる人、かつて住んでいた人、訪れたことがある人もない人も、全ての方が対象です。手紙・メッセージの長さは短くても長くても結構です。お名前またはラジオネームを明記してください。
 内 容
 家族や友人、恩師、ペットとの思い出、すれ違った名も知らぬ人への感謝、かつての/未来の自分へのメッセージ、ふるさとの山や海の姿、未来を生きる子どもたちに残しておきたい記憶など、どんな内容でも結構です。あなたが、いま伝えたい思いをエピソードとともにお寄せください。
 復興への息吹 ふくしま10年目の春
 ラジオ福島では、毎月11日を「rfc心をつなぐ絆の日」とし、震災直後から「あの日を忘れない」ことを、そして、後世に伝え、 同じ不幸を繰り返さないよう、マイクを通して、自然災害の怖さを伝え、未来への道を県民の皆様と一緒に歩んでいます。2020年6月11日から毎月11日、浜通りを中心に、 復興のために尽力なされていらっしゃる方々を生放送でご紹介、さらに、県民の皆様の「心のメッセージ」を放送し、併せて、ホームページを通して随時配信しています。



手紙・メッセージ投稿フォーム