AM:福島 1458kHz・郡山 1098kHz・会津若松 1395kHz・いわき 1431kHz・原町 801kHz / FM:中通り90.8MHz・東金山77.8MHz・西金山79.3MHz・金山79.3MHz

ラジオ福島 開局65周年

ラジふく君

> ニュース > 2018.01.12(金) 上空に-33度、北陸3県に流入 「収束帯」が発生

ニュース

2018.01.12(金) 上空に-33度、北陸3県に流入 「収束帯」が発生

日本列島は冬型の気圧配置が強まり、北陸の上空約5000メートルにこの冬一番となる氷点下33度の強い寒気が流入。新潟から北陸3県、山陰にかけて大雪になった。

大阪管区気象台によると、大陸から日本列島に向けて吹く風が朝鮮半島北部の山岳地帯で分かれた後、日本海上空で合流。北西-南東方向にかかる前線のような「収束帯」ができて雲の列が福井付近に達し、石川から福井にかけての大雪をさらに強めたという。収束帯は過去にも北陸から山陰にかけて豪雪被害をもたらしてきた。

12日午前9時までの24時間降雪量は、新潟市80センチ▽富山県氷見市64センチ▽石川県珠洲市55センチ--など。

気象庁によると、強い冬型の気圧配置は今後も続くとみられ、北日本-西日本の日本海側を中心に大雪になる恐れがある。同庁は雪崩や交通への影響に警戒を呼びかけている。13日午前6時までの24時間に予想される降雪量は、北陸・近畿50センチ▽北海道・東北・東海30センチ▽中国25センチ▽関東甲信20センチ▽四国・九州北部10センチ。【池田知広、渡辺暢、五味香織】

<毎日新聞>
https://goo.gl/unea35別ウィンドウで開く

ニュース一覧登録件数 16987件

 

© ラジオ福島.All Rights Reserved.