AM:福島 1458kHz・郡山 1098kHz・会津若松 1395kHz・いわき 1431kHz・原町 801kHz / FM:中通り90.8MHz・東金山77.8MHz・西金山79.3MHz

ラジふく君

> ニュース > 2017.02.17(金) 福島2号機 原子炉直下、到達せず…ロボ調査断念

ニュース

2017.02.17(金)福島2号機 原子炉直下、到達せず…ロボ調査断念

東京電力は16日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内部の調査のため、自走式のサソリ型ロボットを投入したが、目標だった原子炉圧力容器真下まで到達できず続行を断念した。東電は今後の調査方法を検討する。

東電は同日午前7時50分に、格納容器の貫通口からロボットを投入。既存のレール(長さ7.2メートル)を経由し、圧力容器真下の作業用足場(直径5メートル)で調査する計画だったが、左側の走行用ベルトが動かなくなり、同午後3時過ぎにロボットの接続ケーブルを切断して調査を打ち切った。走行距離は2メートル余りだった。

レール上には、焼け焦げたケーブルのカバーなどの堆積(たいせき)物がこびりついており、ロボットの走行の支障になったとみられる。ロボットのカメラは積算1000シーベルトまで耐えられる設計。線量計や温度計なども搭載し、レール上で最大毎時210シーベルト、16.5度を計測した。

2号機では、パイプに取り付けたカメラなどでの調査の結果、内部の線量は最大毎時650シーベルト(推定)あり、作業用足場には溶融燃料とみられる堆積物や、穴などの損傷が見つかった。【柳楽未来】

ニュースサイトで読む: https://goo.gl/m730Qz別ウィンドウで開く
Copyright 毎日新聞

ニュース一覧登録件数 15329件

 

© ラジオ福島.All Rights Reserved.