前へ
次へ

お聴きになった場所の「緯度と経度」をメールでお知らせください。

「rfc福島FM補完中継局」「rfc郡山FM補完中継局」が周波数90.8MHzのワイドFMとして2017年3月26日に開局し、白河市から国見町までの中通りエリアでは、よりクリアな音質で弊社の放送をお聴き頂いております。 そこで、FMでラジオ福島の放送が聴こえたポイントを地図上にマッピングする「ワイドFMでラジオ福島を聴いたよMAP」企画を現在、展開中です。お聴きになった場所の「緯度・経度」をメール kikaku@rfc.jpにてお知らせください。 多くの皆様にご協力を頂き、聴取ポイントを増やしていきたいと思います。ご協力をよろしくお願いいたします。ご協力頂いた皆様には、スマホの壁紙にもご利用頂ける「電子ベリカード2018年度版」をメールにてお送りいたします。


ワイドFMでラジオ福島を聴いたよMAP

受信報告の御礼として「電子ベリカード」をお送りしています。

福島市の花見山の風景写真と「開局65周年ロゴ」をあしらった2018年度版となります。尚、写真は、「福が満開、福のしま。」福島県観光復興推進委員会「ふくしまの旅 観光フォトライブラリ」からの利用となります。

遠くのラジオが聴こえる理由

地球は電離層と呼ばれるものに包まれています。 電離層は電波を反射する「電波の鏡」や電波を吸収する「電波のクッション」のようなものです。 春や夏の天気の良い日はFMの電波を反射しやすい電離層が発達して遠くのFM放送が聞こえることがあります。また、AM放送の場合は、夜になるとAMの電波を吸収する電離層が消えてしまうことで 電離層反射が起こり、更に遠くの放送局が聞こえる場合があります。 電離層の発生は、太陽の影響を大きく受けるため「季節」や「時間」、「その日の天気」によって変わってきます。 これにより、放送電波が異常伝播してしまい、予期しない外国の放送が聴こえてくることがあります。

  • うすい百貨店
  • キリンビール
  • Twitter
ラジオ福島
ページのトップへ戻る