5月10日、民放ラジオ難聴解消支援事業の交付決定

  会津若松市、喜多方市ほかを放送エリアとするFM補完中継局整備事業への補助金の交付が決定しました


3月26日(日)午前10時、開局いたしました。

  多くのご来場者と共に、半野秀一代表取締役社長とハッピーチエちゃんによる開局セレモニーを行いました





(Ⅰ) オートバックス福島店・福島南店・郡山北・田村船引の各店では
弊社のワイドFM開局PR用POPを掲出頂いております。

  下記のオートバックス各店では、ワイドFM対応ナビを多数販売しております。お買い求めの際は是非各店で!



(Ⅱ) 中通りの家電量販店では弊社のワイドFM開局PR用POPを掲出頂いております。

  下記の中通りの家電量販店では、ワイドFM対応ラジオを多数販売しております。お買い求めの際は是非各店で!

  •  ヨドバシカメラ マルチメディア郡山
  •  ケーズデンキ 福島南本店、福島店、郡山本店、郡山北本店、白河店、須賀川店、船引店、二本松店、棚倉店
  •  コジマ×ビッグカメラ 福島店、方木田店、郡山店、NEW白河店 ※敬称略、順不同


2017年3月2日、総務省東北総合通信局からFM補完中継局の免許が交付されました。

総務省東北総合通信局 岡野直樹局長からラジオ福島 半野秀一代表取締役社長に第一期整備「rfc福島FM補完中継局」「rfc郡山FM補完中継局」の免許が交付されました。ラジオ福島 丹治睦夫常務取締役総務局長が同席しました。 弊社では、この度の免許交付とFM補完中継局の開局を第2の開局と位置づけ、より一層地域の皆様に親しまれる番組作りに取り組んでまいります。 尚、会津地方、浜通り地方のFM補完中継局開局につきましても、出来る限り早期に取り組む事にしております。

2017年3月26日に福島市と郡山市にFM補完中継局を開局いたします。
  •  開局日時    2017年3月26日(日) 午前10時
  •  放送エリア   中通り
  •  送信所     ① rfc福島FM補完中継局 500W  ② rfc郡山FM補完中継局 500W


Q : FM補完放送とは?

A : FM補完放送とは、AMラジオの親局又は中継局の難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴)対策や災害対策を目的として 整備されるもので、90~95MHz間の新たな周波数を用いてAMラジオ局の番組を放送するものです。



Q : いつから、どこで聴くことができますか?

A : 2017年3月(放送日未定)から下記の中通りエリアで放送がスタートします。また、90MHz以上の周波数のFM放送は通称「ワイドFM」と呼ばれます。




Q : 周波数は?

A : ラジオ福島のワイドFMの周波数は、90.8MHzとなります。



Q : 現在、手元にあるラジオで聴くことはできますか?

A : 90.0MHzまでしか受信できないラジオでは聴くことができません。SONY、Panasonic、TOSHIBAなど主要メーカーからは、ワイドFM対応ラジオが 発売されています。
※ ワイドFMが聴ける製品・・・外部(ニッポン放送)のホームページに移動します。




Q : FMでは何を放送するのですか?

A : 現在、ラジオ福島で放送している番組やCMと同じ内容を放送します。ビルやマンションでも受信しやすく、雑音が少なくなり、よりクリアな音でラジオ福島を聴くことができます。